教室概要

あなたに合った音楽教室の探し方の参考に・・・

(2017年6月3日)
あなたは、プルメリア音楽教のことを知人の方から聞かれて、このサイトにおこしになったのでしょうか?

もしくはインタネットでしてたどり着かれたのでしょうか?

 

プルメリア音楽教はこれまでレッスンに通っていただいております生徒を大切に、生徒一人ひとりのご希望に沿ったレッスンプログラムを作り、ご提供そしてレッスンを行ってまいりました。

は決してグルプレッスンでは上達しません。なぜなら音を通して表現したいことはみなさんそれぞれだからです。同じ曲を歌っても、同じにこえないのはそのせいです。

特にボカルとなると体がとなるため、響かせ方や生徒一人ずつに合った発声は体の形が違うため、マンツマンでのレッスンにて個に合った発声をご提案させていただきます。

 

先日、ヴァイオリンの体レッスンにいらっしゃった方がこのようにお話をされました。

1年半、グルプレッスンをけていたけれど、バッハのメヌエットがやっとけるようになったくらいなんです・・・しかも演奏をけると肩や腰がとても痛いんです・・・

ヴァイオリンは演奏フォムがとても重要です。上達するにつれ付いてしまったな癖により、難しい曲けなかったり、音色がかったり、体に痛みが出てきてしまったりと、最初にえる演奏姿勢がとても大切なものとなってくるのです。

 

プルメリア音楽教室は、生徒の上達を第一に考えている音楽教室です。

同じ時間や費用をかけて、しかった・・・だけで何も習得するものがなかった音との時間を提供するわけにはいきません。

 

これまでプルメリア音楽教室がレッスンを続けてこれましたのは、生徒がご自身の上達を身をもって感じていただき、また喜んでくださり、プルメリア音楽教室のことを多くの方にご紹介くださったからでした。

 

に感謝しております。

 

ここからはプルメリア音楽教室が考える「レッスンをする際に一番大切なこと」を少しお話させてください。

 

「音のレッスン」という言葉を聞くと、おそらく、多くの方が「どんな先生なんだろう・・・」と思われるのではないでしょうか?

「怖い先生だったらどうしよう・・・

「先生はきっと上手だから私のピアノをいて、どんなふうに思うのかな…」

たしかにレッスンにおいて講師の演奏技術はとても大事です。

 

ただ、プルメリア音楽教室では、その「演奏技術」よりもっと大切なことがあると考えています。

 

それは「生徒の想いをくみ取る力」と「指導力」です。

 

インタネットの環境が日本中に整ったことで、お互いの顔を見ずとも、インタネット上だけで取り引きが完結する業態がえています。

 

そんな便利な時代ですが、レッスンをなんのヒアリングもなしに体レッスンでさえ行うわけにはいきません。

世界にたった一人のあなたのための音上達に導いていくためには、生徒の現在の音況、またこれからの音で叶えたい夢をしっかり聞くためのコミュニケション「=生徒の想いをくみ取る力」が大切だからです。

 

誠に恐縮ながら、生徒は音のプロではありません。

自分の頭の中にある音のイメジをえたいと思っても、言葉がなかなか出てこないこともあるかと思います。

その大切なお持ちをくみ取り、そのように表現するためには、どう演奏したらいいのか、またそのためにはこんなテクニックが必要になる・・・という私たちプロが上達への近道をレッスンで導く必要があると考えています。

そしてそのために必要な力こそが、「生徒の想いをくみ取る力」と「指導力」だと思うのです。

 

プルメリア音楽教で長年レッスンをしてくださっているベテラン講師の今野先生はいつもこう言います。

 

「人の心を動かす演奏ができる“テクニック”なんて講師ならもっててたり前。更に大事なことは生徒さんを率的に上達に導いてあげられるかどうかなんだよ。(指導力

 

は一人ひとり違う。表現の仕方も、もっている現のテクニックも。だから生徒さんの音の今をしっかり見極め、受け止められなきゃいけないんだ。(生徒の想いをくみ取る力

 

もし生徒さんが音へのちを言いにくい空を出す講師がいるとしたら、ダメダメだ。“音はこうあるものだ”という言葉で誤魔化して意見を聞こうとしない講師なんて最だ。

 

私たちのレッスンは生徒さんの想いからなる音を上達させてあげることだ。」

 

もしかしたら一般的な音のレッスン講師のイメは、難しいことのばかりだったり、幼いころに習っていた先生は少し怖かったり…なんてイメがあるかもしれません。

 

趣味で習いたいんだけど、失敗したらすごく怒られないかな?

仕事が急に忙しくなる時もあるから練習もそんなにたくさんできないけど大丈夫かな?

 

そういったことを不安に思われる方も多いようです。

そのち、私もとてもよくわかります。

 

私は東京音ピアノ科を卒業しましたが、ずっと歌うことは苦手でした。自分の音域がいこと、音程が取りづらいことは自分でわかっていました。これまで合唱などで全員と響きを揃える歌い方の指導はありましたが、自分の歌い方をマンツマンレッスンでみてもらったことはありませんでした。

 

仕事を始めてから、プルメリア音楽教でボカルレッスンを受けるようになると、私の細かい歌にするみを、先生は嫌な顔一つせずに聞いてくれました。

またマンツマンレッスンで、歌う時に声帯の使い方に変なクセがあることを見つけていただき、今では大好きな劇四季の演目から、ずっと歌いたかった曲をちよく歌えるようになっています。

 

のレッスンをご希望の方の多くは、自分に合った先生探しでんでおられます。

中には何年も他の音楽教室で高いレッスン料でボカルレッスンを受けていたが、ずっとクラシック声楽を歌いたかったのにポップスの音に近い発声を習っていた方もおられました。

プルメリア音楽教で改めてクラシック音コースで、オペラなどの曲を今は歌っていらっしゃいます。

を習うということは、費用だけではなく、あなたの大切な時間を使うということです。

レッスン、練習、すべてに時間がかかります。だからこそ、ご自身に合った講師に出逢っていただきたいとく思います。

 

もしプルメリア音楽教に興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。

プルメリア音楽教の中にも多くの講師がおりますので、何人の講師の体レッスンでも受講は可能です。

のマンツマンレッスンをご希望のすべての方にとって身近な音楽教でありたいと思っております。

 

お問い合わせいただく際は、メでもお電話でも大丈夫です。

あなたと音楽のお話ができますことを楽しみにお待ちしております。

 

 




 

追伸:講師の「生徒の想いをくみ取る力」と「指導力」には自信があるのです。

あなたに一番合った講師がプルメリア音楽教にはいます。

上達への近道をこっそりえるレッスン。しみにしていてください。

 

あなたのが素敵な音につつまれますように。

 

 

教室名 Plumeria Music School(プルメリアミュージックスクール)
講師代表 和井田恵子
運営内容 音楽教室
エリア 東京都、神奈川県、埼玉県 音楽スタジオ
営業時間 9:00~23:00(各音楽スタジオに準ずる)
電話番号 03-6432-7545
Email plumeria@plumeria-music.com
URL http://www.plumeria-music.com

音楽豆知識一覧

Menu