ピッコロ

普段、管弦楽・吹奏でもあまり姿を見ない控えめなピッコロ。201701241900_1.jpg

フルトと比べると長さが半分ほどのピッコロ。

でも基本的な構造はフルと同じで指使いもほとんど同じなので
フル
と一に習っている方も多いです。

 

器の中で最も高い音域を受け持ち、音域はフルトより 1 オクタブ高い。またフルトは頭部管胴部管足部管の 3の部分からなりますが、ピッコロには足部管がありません。

 

音でに書くと、上に書く線がとても多くなり、みづらくなる音より 8度( 1オクタ)低く記譜して、みやすくしています。またピッコロは演奏中にフルト奏者が持ち替えて吹く場合が多いので、同じ音符を同じ指遣いで演奏できる利点もあります。
 管弦吹奏で演奏される場合、ピッコロの定員はどんなに大きな編成でもほとんどの場合 1 人です。祝祭的なコンサ
トなどで、特定の曲をフルト奏者が全員ピッコロに持ち替えて演奏する場合もあります。

 201701241856_1-500x0.gif

ピッチの安定が難しいとされているピッコロですが、他にもをつけたら上手になるポイントはたくさんあります!
 

背筋を伸ばす

・楽に近寄りすぎず、譜面台の高さもしっかり調整して合わせる

肘を上げすぎない
右手小指への意識
・楽をなるべく水平に
力みすぎないように

唇を硬くしすぎないように

息の速さの調整
運指はしっかり守る
体でリズムを刻む癖はなくしましょう
息を吸うとき音が出ないように

 

高音域を担当できる素敵なピッコロに魅せられてみませんか?

その他 フルートコース

フルート講師紹介

関 聡子 ( せき さとこ )

東京芸術大学付属音楽高等学校
東京芸術大学
ウィーン国立音楽大学を経てパリ地方音楽院ピッコロ科 ディプロムを取得
フルートをハンスゲオルグ・シュマイザー、金昌国、斎藤和志、浅生典子、萩原貴子、村上成美。ピッコロをナタリー・ロザに師事

フルートコンベンションコンクールピッコロ部門3位
ジュンヌフルーティストコンクールピッコロ部門1位

2013,14年、ディズニーオンクラシック全国ツアー参加

猿渡 桃子 ( さるわたり ももこ )

活水女子大学音楽学部演奏学科卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。
専門分野での研鑽による顕著な成果を認められ、2010年度活水女子大学学長特別表彰受賞。
第60回全日本学生音楽コンクール福岡大会高校の部第3位入賞。
第58回南日本音楽コンクール入選。
第2回アジア国際フルートコンクール国内予選通過。同アジア大会出場。
第58回西日本国際音楽コンクール入選。
第20回記念宮日音楽コンクール入選。
第13回・第14回活水女子大学音楽学部定期演奏会に管楽器代表として選出され、二年連続独奏出演。
オーディションに合格し、第54回西日本新人演奏会、第38回長崎県新人演奏会、出演。優秀賞受賞。
第157回日演連推薦新人演奏会出演。ソリストとして選出され、A.ジョリヴェのフルート協奏曲を九州交響楽団と協演。
ヤマハ音楽能力検定演奏グレード3級(管楽器最難級)取得。
これまでに、第21回京都フランス音楽アカデミーにてP-Y.アルトー(元パリ国立高等音楽院教授)氏のクラスを修了。2011年 サー・ジェームズ・ゴールウェイ(ソリスト)氏によるマスタークラスを受講。
フルートを、宗美沙子(前 福岡第一高等学校音楽科講師) 、瀬尾和紀(ソリスト)、永田 明(九州交響楽団フルート奏者)、神田寛明(NHK交響楽団首席フルート奏者)の各氏に師事。
現在、都内を中心に演奏活動、後進の指導にあたっている。

若山 桃子 ( わかやま ももこ )

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。
第59回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部、 奨励賞。第37回フルート デビューリサイタルに出演。第23回日本木管コンクール3位。
別府アルゲリッ チ音楽祭、レインボウ21サントリーホールデビュー コンサート等に出演。
これまでに、フルートを植村泰一、斎藤賀雄、峰岸壮 一、神田寛明、室内楽を白尾彰、藤井 一興の各氏に師事。

富永 綾香 ( とみなが あやか )

福岡第一高校音楽科を卒業。
第9回ヴェルデ音楽コンクール木管部門高校生の部優秀賞受賞。並びに受賞者記念コンサート出演。
第35回及川音楽事務所新人オーディション優秀新人賞受賞。
大学在学中に木管五重奏のメンバーとして2度学内演奏会に選抜される。
これまでにフルートを神田寛明、萩原貴子、疋田美沙子、脇坂みどりの各氏に、室内楽を倉田優、蠣崎耕三、白尾彰の各氏に師事。Andras Adorjan氏の公開マスタークラスを受講。

桐朋学園大学4年次在学。

半田 結奈 ( はんだ ゆいな )

埼玉県出身。
国立音楽大学附属高等学校を経て、国立音楽大学を卒業。
これまでに大友太郎、野原千代、松原由紀子の各氏に師事。
レナーテ・グライス=アルミン氏のマスタークラスを受講。
第28回かながわ音楽コンクール特選、第21回日本クラシック音楽コンクール第5位受賞。

現在レストランやロビーでのコンサートの他、オーケストラや室内楽での演奏、個人指導を行う。

吉野 由香 ( よしの ゆか )

大宮光陵高校音楽科を経て、国立音楽大学卒業および、弦管打楽器ソリストコース修了。
これまでに佐久間由美子、木ノ脇道元、若土祥子、多久潤一朗の各氏に師事。レナーテ•グライス=アルミン氏の公開マスタークラスを受講。
ソロ、室内楽、オーケストラなど様々な演奏活動を行う。
現在、国立音楽大学上級アドヴァンストコース在学中。

阿久津 磨那 ( あくつ まな )

小平市出身。
2017年に洗足学園音楽大学を卒業。
小学校で音楽クラブに入り、人気楽器争奪じゃんけんでフルートを勝ち取り、10歳より楽器を始める。
中学高校では吹奏楽部に没頭し、その経験を生かし、2014年より、多くの学生を中心にフルートとピッコロの個人・グループ指導を行っている。
大学在学中には、ソリストオーディション、室内楽オーディションに合格し、数々の演奏会に出演。
これまでに、葛西賀子、岩花秀文の各氏に師事。

音楽豆知識一覧

Menu