音大・音高受験対策

コンクール、音楽大学・音楽高校受験と、人前で演奏し、評価される場というのは、ある種のテクニックを必要とされます。また選曲に関しても、受験に向く曲、向かない曲とあるのをご存知ですか?

しかし、これは同じ経験をした講師に教わらなければ分からないことです。

更に現役音大生であれば、その大学の現状。または現在活躍中の演奏家であれば今の音楽の世界を教えてくれるでしょう。

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス講師紹介

村田 恵子 ( むらた けいこ )

4歳よりヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。
現在、東京都交響楽団ヴィオラ奏者。

神戸文化ホールフェスティバル2002「はばたけ神戸の若き音楽家たちⅤ」最優秀賞受賞。
第4回日本アンサンブルコンクール最優秀演奏者賞受賞。
第7回別府アルゲリッチ音楽祭にて、ユーリ・バシュメット氏の公開マスタークラスを受講。
JTが育てるアンサンブルシリーズ、藝大定期室内楽等に出演。
五嶋みどり氏が主催「第2回コミュニティエンゲージメントプログラム2007(カンボジア)」、小澤征爾音楽塾などに参加。

ヴァイオリンを大塚さえ子、竹内民男、近藤緑、若林暢、ヴィオラを大野かおる、川﨑和憲の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程修了。

中村 楓子 ( なかむら ふうこ )

5歳よりヴァイオリンを始める。
現在、東京交響楽団第1ヴァイオリン奏者。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を卒業後、桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマコース在籍中に東京交響楽団のオーディションに合格。
第65,66回全日本学生音楽コンクール東京大会バイオリン部門高校の部入選。
第22回日本クラシック音楽コンクール高校女子の部 第4位。
第7回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門 大学の部 第1位。
2011年 桐朋Students’ concert、桐朋学園音楽部門 平成24年度高校卒業演奏会、第20回河口湖ヴァイオリン・セミナー優秀者によるハーフリサイタル“新しい風”などに出演。
2013北九州国際音楽祭オープニング・ガラ・コンサートに祝祭弦楽合奏団として参加。
第5回仙台国際音楽コンクール審査員によるマスタークラス、モーツァルテウム音楽大学夏期国際アカデミーなどを受講。アフィニス夏の音楽祭2016山形に参加。
これまでにヴァイオリンを宮崎ありさ、吉野薫、豊田弓乃の各氏に師事。

浮村 恵梨子 ( うきむら えりこ )

大阪府出身。東京藝術大学を経て東京藝術大学大学院修士課程修了。
卒業時に大学院アカンサス音楽賞受賞。
第19回日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会最高位受賞。
第32回霧島国際音楽祭にて、霧島国際音楽祭賞受賞。
ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012奨励賞受賞。
第7回全日本芸術コンクール第1位受賞。
ウィーン国際夏期音楽ゼミナールに参加、ディヒラーコンクール第1位受賞。
佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。
小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、オーケストラプロジェクトに参加。
PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2015に参加。
これまでにバイオリンを梅谷敬子、四方恭子、玉井菜採、景山誠治、小野明子、松原勝也の各氏に師事。室内楽を山崎伸子、大関博明、松原勝也、大友肇、山本正治、中木健二、菊地知也の各氏に師事。
現在、フリー奏者としてオーケストラへの客演、ソロ、室内楽、などで活動する傍ら後進の指導にあたっている。またクラシックのみならず、様々なアーティストのレコーディング、PV、テレビ出演、ライブサポートなど幅広いジャンルで活動している。

加藤 菜生 ( かとう なお )

3歳よりチェロを始める。
2004年より佐渡裕氏率いるスーパーキッズ・オーケストラに所属。
2006年 KOBE国際学生音楽コンクール弦楽器部門優秀賞。
2007年 泉の森ジュニアチェロコンクール中学校部門銅賞。
     びわ湖シンフォニーホールにて京都市交響楽団と共演。
2008年 日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会入選。
2009年 アスペン ミュージック スクール(アメリカ・コロラド州)に参加。
     マイケル・マーメーガン氏に師事。
2009-2013年 京都フランス音楽アカデミーに参加。
2010年 泉の森ジュニアチェロコンクール高校生部門奨励賞。
音楽への道CEM企画による「キオスクコンサート」に出演。
     姫路・パルナソスホール「フレッシュコンサート2010」に出演。
     日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会第2位。
2012年 横浜国際音楽コンクール入選。
2013年 第4回、コンコルソ ムジカアルテ 金賞。フランスへ留学。
2014年 パリ地方音楽院にてDEM(ディプロム)取得。
現在、東京藝術大学院 音楽学部在学中。

神山 里梨 ( かみやま りり )

3歳よりヴァイオリンを始める。
第12回NAGANO国際音楽祭、第35回霧島国際音楽祭マスタークラス修了、第16回大阪国際音楽コンクール全国大会入選。
東京音楽大学付属高等学校アンサンブル演奏会に2度出演。

老人ホームやデイケアサービス、幼稚園、小学校、病院などで多数ボランティア演奏を行う他、室内楽やプロオーケストラ等幅広い分野での経験をもつ。
東京音楽大学付属高校を経て、東京音楽大学を卒業。
これまでに、ヴァイオリンを木村正貴、嶋田慶子、大谷康子、海野義雄の各氏に師事、またヴィオラを大野かおるに師事。

信友 裕子 ( のぶとも ひろこ )

東京薬科大学にてコントラバスをはじめる。卒業後、桐朋学園大学音楽部ディプロマコースへ入学。
2005年PMF参加。修了後はウイーンコンセルバトワールにて学ぶ。IOIAやザルツブルク音楽祭などの数々の音楽祭、講習会に参加。2010年に帰国。帰国後は、フリーのコントラバス奏者として、オーケストラ、室内楽、また音楽教室や吹奏楽の指導など幅広い分野で活動中。上杉隆治、池松宏、A.Ackerman、H.Mayrの各氏に師事。

関 ますみ ( せき ますみ )

新潟県長岡市出身。15歳よりコントラバスを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業。同研究科修了。
アイルランド国立リムリック大学修士課程にて研鑽を積む。
桐朋学園大学在学中にはチョン・ミョンフン、ロリン・マゼールの各氏指揮のコンサートに出演。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヤンネ・サクサラ氏のマスタークラスを受講。
これまでに、村上満志、池松宏、ゲイリー・カー、マイケル・ウォルフの各氏に師事。
現在、オーケストラや室内楽、吹奏楽などでフリー奏者として演奏活動を行っている。

高木 彬矢 ( たかぎ あきや )

愛知県名古屋市出身。
4歳よりバイオリンを始める。
愛知県立名古屋西高等学校を経て現在東京音楽大学3年在学中。
2004.2005年 愛知県子供のためのバイオリンコンクールin刈谷 金賞。
2014年 大阪国際コンクール弦楽器部門セミファイナル入選。
2014年 日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。
2005年から9年間NHK名古屋青少年交響楽団に在籍。
2015年12月「高円宮記念日韓交流基金」顕彰式典において高円宮久子妃殿下ご臨席のもと献奏を行う。
これまでにヴァイオリンを野添弥麻美、北垣紀子、清水高師の各氏に師事。現在木野雅之教授に師事。

石井 友里絵 ( いしい ゆりえ )

3歳よりピアノ、6歳よりバイオリンを始める。
武蔵野音楽大学器楽学科卒業。同大学大学院修士課程修了。

在学中、京都国際学生音楽フェスティバルにて各国からの選抜オーケストラに日本選抜として参加。
卒業後は同大学研修員として研鑽を積み、フリーヴァイオリニストとしてジャンルを問わず様々な現場での演奏に携わっている。

ドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」では劇中のヴァイオリン監修を務める。
他にも数々のTVドラマにて俳優への音楽指導や吹き替えを担当。
演奏家としての活動の他、指導者として後進の指導にも力を入れている。

谷野 梨紗 ( たにの りさ )

4歳よりヴァイオリンを始める。
東京音楽大学付属高校、東京音楽大学卒業。
桐朋学園大学研究科修了。
ウィーン国際ゼミナールなど音楽祭参加。
イヴリーギトリス、マスタークラス受講。
同氏らとよこすか芸術劇場にて共演。
村治泉、故 阿部靖、篠崎功子、木野雅之に師事。
現在、フリー奏者としてオーケストラなどで演奏する傍ら、後進の指導にあたる。

日下部 緑 ( くさかべ みどり )

13年間の海外生活を経て帰国後、日本女子大学附属高校に入学、卒業。東京音楽大学に給費奨学生として入学。
2014年オーディションに合格し冬季バイエル州青少年オーケストラに参加、ドイツ各地で演奏する。
2015年草津夏季国際音楽アカデミーに参加。
2016年同大学の推薦により、京都国際音楽学生フェスティバルに東京音楽大学代表として参加。
在学時よりボランティアで子どもたちにオーケストラを教える活動を行う。
現在東京音楽大学在学中。
バイオリンを齋藤真知亜、木村正貴の各師に、室内楽を百武由紀子、山口裕之、横山俊朗、飛澤浩人の各師に師事。

小野田 さと ( おのだ さと )

4歳よりヴァイオリンを始める。
第8回ヴェルデ音楽コンクール総合1位、グランプリ受賞。
第61回山口県学生音楽コンクール大賞受賞。
第13回大阪国際音楽コンクール入賞。
第25回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
これまで、ヴァイオリンを三木妙子氏、石井志都子氏に師事。
室内楽を徳永二男氏、毛利伯郎氏、漆原啓子氏、田崎悦子氏、山崎伸子氏、山田富士子氏に師事。
桐朋学園大学音楽学部4年在学中。

福井 恵 ( ふくい めぐみ )

4歳よりヴァイオリンを始める。

2013年、2014年アジアユースオーケストラに参加。
2014年12月,2015年1月に東京音楽大学からドイツのバイエルン州立青少年オーケストラに参加する派遣メンバーに選抜される。

これまでに、ヴァイオリンを野口千代光、花田和加子、大谷康子、嶋田慶子の各氏に師事。ビオラを百武由紀氏に師事。室内楽を齋藤真知亜、百武由紀の各氏に師事。
また、ロラン・ドガレイユ(パリ国立高等音楽院教授)、サシコ・ガヴリロフ(ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学客員教授)ら各氏のマスタークラスに参加。
現在東京音楽大学3年在学中。

須藤 晋良 ( すどう しんすけ )

早稲田大学理工学部、
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科弦楽専攻 卒業。

新潟ジャズコンテスト優勝
ユニバーサル・ミュージック所属
メジャー・アーティストや宝塚歌劇団のバッ ク演奏担当。
愛知、大阪、福島、静岡公演等に参加。

小学館発行全国誌「DIME(ダイム)」に演奏取材、掲載される。
阪急・阪神ホテル、ホテル日航東京、ポルシェ、メルセデス・ベンツ等、都内ホテルラウン ジ・レストラン・結婚式場・大手企業パーティでの演奏担当。
楽譜の全国出版も行っており、様々なジャンルの編曲譜が好評を得ている。

野村 直子 ( のむら なおこ )

高知県出身。6才よりヴァイオリンを始める。
高知県立高知丸の内高等学校音楽科卒業、武蔵野音楽大学器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
大学在学中、選抜学生によるコンサートに多数出演。ヴァイオリンを宮内 康恵氏、矢嶋 佳子氏、クルト・グントナー氏に師事。ヴィオラを高橋正人氏に師事。
室内楽を、ツォルト・ティバイ氏、 クレメンス・ドル氏、小池ちとせ氏に師事。現
在、御茶ノ水音楽教室ポレット、音楽教室ミューゼのヴァイオリン講師他、出張レッスンや個人レッスンで後進の指導にあたる。
他、室内楽、ソロ活動を中心に精力的に演奏活動も行っている。日本弦楽器指導者協会正会員。

上島 育 ( うえしま いく )

神奈川県出身。
5歳よりピアノ、8歳よりヴァイオリンを始める。
2015年よりジュニア・フィルハーモニック・オーケストラにてコンサートミストレスを務める。
同年12月、東京音楽大学からバイエルン州立青少年オーケストラの派遣メンバーに選抜される。
ヴァイオリンを齋藤真知亜氏、室内楽を齋藤真知亜、百武由紀の各氏に師事する。
現在東京音楽大学四年在学中。

雪下 敬洋 ( ゆきした よしひろ )

3歳よりヴァイオリンを始める。
聖サンタチェチーリア国立音楽院ヴァイオリン専攻修了(イタリア・ローマ)
アイデム音楽院ヴァイオリン科ソリスト演奏家コースを最高得点で首席修了(イタリア・ローマ)

これまでに、ヴァイオリンをシャロム・ブッデル(ローマ歌劇場管弦楽団コンサートマスター)、パスクワーレ・ペッレグリーノ(イ・ムジチ合奏団2ndヴァイオリン首席)、マルコ・ドミニ(サンタチェチーリア国立音楽院ヴァイオリン科教授)クラウディオ・ファットーリ(ローマシンフォニア管弦楽団2ndヴァイオリン)深山尚久(元日本主要オーケストラのコンサートマスター歴任)の各氏に師事

2010年 サントリー小ホール(ブルーローズ)、第10回日伊文化交流チャリティーコンサート『イタリアオペラの夕べ』にて、2nd ヴァイオリン首席を務める。
2011年 サントリー大ホール、指揮:秋山和慶による玉川管弦楽団ベートーヴェン第9交響曲公演にて、コンサートマスターを務める。
2011年 アマデウス・ホイトリング(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヴァイオリン奏者)による弦楽合奏マスタークラスにコンサートマスターとして参加、『ホルベルク組曲』を演奏
2012年 イタリア歌劇場、ロスクリーニョ管弦楽団の『カルメン』にて1stヴァイオリン副席を務める
2013年 エクリーデ歌劇場、ポーケルアッシ管弦楽団の『椿姫』にて2ndヴァイオリン首席を務める
2013年 指揮兼任ソリストとしてローマクリヴィス音楽院弦楽団と、ヴィヴァルディ『四季』と『2つのヴァイオリンのための協奏曲』を共演
2013年 バチカン教皇区内S・アンナ教会クリスマスコンサートにて、サンサーンス『クリスマスオラトリオ』の2nd Violin 首席を務める
2013年 クリヴィス弦楽団のコンサートマスターとしてローマ各地にて演奏
2014年 サンタチェチーリア国立音楽院在学、卒業生のみの管弦楽団にて1stヴァイオリン副席としてローマ各地の教会、ホールにて演奏
2014年 バチカン教皇区内S・アンナ教会復活祭コンサートにて、G・ペルゴレージ『スタバトマーテル』 の2nd Violin 首席を務める
2014年 エクリーデ歌劇場、ポーケルアッシ管弦楽団の『蝶々夫人』の1stヴァイオリン副席を務める
2015年 モーツァルトイタリア第4回国際マスタークラスに参加、修了演奏会に出演し、
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲を演奏、最優秀賞を受賞
2016年 アイデム音楽院ホール、聖サンタチェチーリア国立音楽院ピアノ科教授マエストロ・バルテルとデュオコンサートにて演奏。
2016年 同音楽院ホール、ローマ歌劇場管弦楽団指揮者セルジョ・オリーバとデュオコンサートにて演奏。

日本に帰国後、ソロ、デュオ、トリオ、カルテット、オーケストラ(弦・管弦)などの幅広い編成で、イベント会場、結婚式、レストラン、バー、ライブハウス、老人ホームなど東京都内各地にて演奏活動中。

川崎 しのぶ ( かわさき しのぶ )

上野学園高等学校音楽科、上野学園大学音楽学部音楽学科ヴァイオリン専攻を経て、現在、上野学園大学研究科在学中。
これまでに、ヴァイオリンを渡辺美穂、高嶋照美、池田雄彦、須藤三千代の各氏に師事。
室内楽を原田禎夫、吉野直子、前田幸康の各氏に師事。
ウィーン夏期国際音楽ゼミナールにおいてエドゥワルト・チェンコフスキー氏のマスタークラス受講。
カリアリ国際音楽アカデミーにおいてピエール・アモイヤール氏のマスタークラス受講。

田中 咲 ( たなか さき )

4歳よりヴァイオリンを始める。
10歳よりオーケストラ等に演奏参加する。
第10回都響とティーンズのためのジョイントコンサートに参加。
第22回日本クラシック音楽コンクール・予選に合格。
東京国際芸術協会主催、平成26年度海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディションにて受講費全額助成認定。

平成28年室内楽公開レッスンに学校から選抜されオリヴィエ,ダーベライ氏のレッスンを受講。
またプロの方々と演奏するオラトリオに出演。

これまでに、久保由佳子、古賀真美子、渡辺弘子、左近協子、糸井マキの各氏に師事。
都立総合芸術高校音楽科を経て、桜美林大学音楽専修(ヴァイオリン専攻)在学中。

音楽豆知識一覧

Menu