橘田 有美 ( きった ゆみ )

橘田 有美

神奈川県出身。小学生の頃より、小田原少年少女合唱隊にて研鑽を積む。

フェリス女学院大学音楽学部声楽学科を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程(独唱)修了。

在学中、学内オーディションにより、藝大定期第343 藝大フィルハーモニア合唱定期演奏会 シューマン『楽園とペリ』にてソリストを務める。

宗教曲では、ラター『レクイエム』、ヴィヴァルディ『グローリア』等のソリストを務める他、オペラでは、モーツァルト《フィガロの結婚》花娘役、プッチーニ《修道女アンジェリカ》オスミーナ役、三枝成彰《KAMIKAZE》等に出演。

25回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクール一般の部入選。

これまでに声楽を、桑原妙子、朝倉蒼生、佐藤ひさらの各氏に師事。

現在はドイツ歌曲を中心にコンサートを企画、出演する他、フランス、ロシア等の歌曲にも幅を広げている。

 



 

~講師より~

「音楽が好き、歌うことが好き」ということが、私にとって歌い続ける一番の理由であり原動力です。一つのことを追求していく過程は、決して楽しいことばかりではないかもしれません。ですが、ひとつずつクリアできた時は何物にも代えられない喜びを感じることができます!

歌うことは最高のデトックス思いきり声を出して大好きな曲が歌えたら素敵ですよね

他の楽器との最大の違いは自分の体が楽器なこと。自分の声は自分だけの唯一の楽器です。そして、今の声は今だけの声です。ご要望を伺いながら、皆さんお一人お一人の楽器をより輝かせられるように、お手伝いさせて下さい。

 

音楽豆知識一覧

Menu