市橋なぎさ ( いちはし なぎさ )

市橋なぎさ
国立音楽大学声楽科卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマコース声楽科修了。
これまでにオペラ「カルメン」フラスキータ、「サンドリヨン」精霊、「魔笛」童子Ⅰ役出演。

神奈川県川崎市の文化大使としてイギリス、シェフィールド市へ演奏派遣。
第12回東京声楽コンクール重唱の部入選。
「コンヴィチュニー・オペラアカデミーinびわ湖」「新・福岡古楽祭」等に参加し研鑽を積む。

ギターやチェンバロなどの楽器と古楽や日本のうたなどの演奏活動のほか、ピアソラの音楽をアレンジしたプログラムでピアノとサックスのトリオでライブ活動を行っている。
また、ソプラノアンサンブル「La canor」においては教会やサロンコンサート、子どものための音楽会を主催する他、2012年には子どものための音楽劇「おばあさんになった王女」を制作・初演し活動の可能性を広げた。

近年では作曲家・鍵盤楽器奏者、岩田耕作氏の日本歌曲の初演を行い、好評を得ている。
NPO法人「さえの会」理事。ロシア声楽曲研究会会員。クラシックで♪福島幸せ時間「Fukura」メンバー。




~講師より~

全身を使って声を響かせる気持ちよさを体験しながら、

あなただけの本当の声を一緒に探していきましょう!

音楽豆知識一覧

Menu