平野 裕樹子 ( ひらの ゆきこ )

平野 裕樹子
日本大学芸術学部を総長賞を得て首席で卒業。
読売新聞社主催新人演奏会出演。ソレイユ新人オーディション合格。市川市文化会館新人オーディション優秀賞受賞。

2001・2002・2004年、パリのエコール・ノルマルで開催された「The Paris International Summer Sessions」受講。同時に選抜者によるP.アントルモン、G.ムニエ両氏の特別マスタークラスを受講し、サル・コルトーで開催されたファイナルコンサートに出演。ディプロムを取得。

2006年、プラハにおいて開催された第13回Ameropa国際室内楽フェスティバルに参加し、プラハ市内各地およびチェスキークルムロフで開かれた様々なコンサートに出演。

2010年より3年連続アングレーム(仏)で開催されたCommixtus国際室内楽フェスティバルに招待され、ピアノソロや現地フランス人メンバーとのアンサンブルで日本とフランスの作品を紹介するコンサートを開催し好評を博す。更に現地の音楽学校Académie de Pianoにてマスタークラスを開催。
2011年ロシア大使館で開催された「日ロ友好の夕べ」に招かれコンサートにてソロ演奏を披露。
2015年アジア初開催となった「国際ダブルリードIDRSフェスティバル」においてフランス人ファゴット奏者フィリップ・ダヴィド氏とデュオリサイタルを開催。同年、フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団首席チューバ奏者水中豊太郎氏と東京にてデュオリサイタルを開催。

2016年8月、イタリアにて開催されるオルベテッロ国際ピアノフィスティバルに招かれ、コンサート出演を予定している。
11月、日伊国交樹立150周年記念事業の一環として採択され、東京と名古屋でイタリア人ピアニスト、ジュリアーノ・アドルノ氏とのデュオコンサートの開催を予定。

2004年よりこれまでに東京で8回のソロリサイタルを開催している他、室内楽、コンサートの共演ピアニストとしての演奏活動も積極的に行っており、加えて、日本作曲家協議会が主催する「アンデパンダン」出演を始めとする数多くの新作初演にも携わっている。
 
室内楽及び邦人作品の普及を目指すフォッシオー(Fossio)を主宰し、コンサート活動に加え、次世代を担う子どもたちのための親子コンサートや学校公演を開催。
日仏現代音楽協会会員。練馬区演奏家協会会員。市川市文化振興財団登録アーティスト。公益法人千葉市文化振興財団アーティトバンクちばのアーティストとしてNHK千葉放送への出演や各地でのワンコインコンサート、ロビーコンサートなど音楽普及のための活動も幅広く行っている。
ピアノを神野明氏、室内楽を鳩山寛氏に師事。 



~講師より~

初めまして。
私はピアノという楽器が大好きです。

ピアノはたくさんの音色を奏でることができ、たった一人で同時にたくさんの音を鳴らすこともできます。

同じ楽器を演奏しても、その人その人の想いによって全く違った音を表現することができるのが

ピアノの凄さだと思っています。

 

「ピアノを弾けるようになったら素敵だろうなぁ」という憧れ、「テレビで流れているあの曲を弾いてみたい」という

はっきりした目標があったり、「昔弾いていたピアノをもう一度演奏したい」など、ピアノ教室を訪ねてくださる皆様

の思いは様々だと思います。

 

レッスンにいらっしゃるお一人お一人の気持ちを大切にしながら、その夢や目標に近づくために今一番必要な

ことをしっかりサポートしていきたいと思います。

 

レッスンでは疑問や困ったことなど、何でも遠慮なくお話してください。一緒に一つずつ解決策を探していきましょう。

 

夢を叶えるお手伝い、そしてご自分だけの素敵な音を見つけるお手伝いができたら幸せです。

 

 

 

音楽豆知識一覧

Menu