安江 秋 ( やすえ あき )

安江 秋
神奈川県出身。東京芸術大学音楽学部声楽科を次席卒業。声楽を、稲葉明子、三縄みどり、櫻田亮各氏に師事。卒業時に松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。第85回読売新人演奏会出演。文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」にてマリエッラ・デヴィーア氏に選出され、新国立オペラパレスでの披露演奏会に出演。東京国際芸術協会第66回新人演奏会オーディションにて優秀新人賞受賞。
これまでに「フィガロの結婚」伯爵夫人(抜粋)、芸大オペラ定期「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ役で出演。2017年夏「愛の妙薬」ジャンネッタ、2017年秋「フィガロの結婚」バルバリーナで出演予定。
オペラ以外にも幼稚園や老人ホーム、病院等への訪問演奏に力を入れており、クラシックだけでなくミュージカルや映画音楽、童謡等を取り入れ「客席との楽しい時間の共有」をテーマに演奏活動をしている。
現在、東京芸術大学大学院音楽研究科声楽(オペラ)に在学中。

 

音楽豆知識一覧

Menu