作曲は科学ではない!!

2018/03/14


新しいものを作らなくてはならない、前作より向上していなければならないというのは無用なオブセッションである。

確かにインスピレーションに頼って何かが降りてくるのを待っていては埒が開かないが、かといって数理的操作や音響構造で徒に曲数を増やす必要もない。
とりあえず、陳腐でもいいからその時に湧いたインスピレーションの範囲で絞り出して書くということが大切。

作曲も意外に地道なトレーニングなのである。毎回大作を書けなどとは誰も求めていないのだから。
作家ですらエッセイと言うのを出しているように、作曲家もドレミでもなんでもいい、一小節でもいいから書くこと。



文責:彦坂

音楽豆知識一覧

Menu