フーガ③-ボイストレーニングのプルメリア音楽教室ー

2017/04/16

【フーガ(3)】

ここからは、実際に私がここでフーガを書いてみます。

ちなみに、途中でこれは違う!
こうやったらどう?などのご意見も大歓迎です。
またみなさんもお書きになったものが出来上がりましたら、是非みせてください!!
作曲の惑いの過程を晒すというのが実は面白いのです。

・・・・フーガ実作・・・

・何声体にするか?
・テーマはどれくらいの長さにするか
・応答の仕方
・対主題を入れるか

このあたりも実は臨機応変でバッハもある程度の癖は有れど一定していませんので、私の思い通りにやります。

2声体で機能和声的に始めるのが一般的ではあるようです。
また、「テーマ」は後々の組合わせを考えて、できるだけ目立った「第5音(ドミナント音)」の使用は避ける傾向にあります(ベースに第5音が来ると和声の第2転回形を作ってしまうから)がこれも、全く機能和声的な発想としか言えません。
あくまでもウタとウタがありきの上で、あとは耳で判断します。

不定期になるか、断念するかもしれませんが気長にブログを覗いていただけたら幸いです。






文責:彦坂























































































  

プルメリア音楽教室

新宿渋谷池袋都立大三軒茶屋荻窪自由が丘高田馬場吉祥寺下北沢赤坂横浜秋葉原高円寺武蔵小杉中野代々木駒沢公園・センター南埼玉神奈川・千葉・その他200教室

 

初心者から音大受験まで。もちろんお子様、また大人の趣味として始められたい方にも、現役演奏家の講師陣が熱心に、丁寧にレッスンいたします。全てマンツーマンの充実した音楽の時間をお約束いたします。

ピアノクラシック・ポップス・弾き語りジャズ

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス<クラシック・ポップス・ジャズ>

ボーカルクラッシック声楽ミュージカル・ポップス・ボイストレーニングシャンソン

クラリネットオーボエ
作曲・アレンジ法・編曲
トランペットフルート ・ピッコロ

ソルフェージュ旋律聴音・和声聴音楽典・和声学・音楽理論新曲視唱・初見奏

ドラム<ロック・ポップス>

ギター<アコースティックギター・エレクトリックギター>
ベース

DJ

  
 

音楽豆知識一覧

Menu