貴志康一

2016/12/18 [演奏家]

【ベルリン・フィルを指揮した天才】
ヴァイオリニスト、作曲家、指揮者

貴志康一(1909-1937)

...

まだ音楽教育も儘ならない日本で奇跡的に出現した天才。
ヴァイオリニストとして名を馳せるが、作曲家、指揮者としての才能も群を抜いていた。
あくまでも西洋オーケストラによる日本の音の追求に一生を賭けた。
その音は現在、聴いても決して色褪せることはない。
バッハ、モーツァルト、ベートーベン、ブラームスも良いが日本の音楽界も保守に走らず、日本の近代音楽の紹介に力を入れてみてはどうであろうか。
武満徹も日本のオーケストラは西洋古典音楽の墓場とまで渇破していた。

確かにチケットの売れないものは商業として成立しない。しかし、長い目で見た場合、どこかで現状を打破しない限り日本人の耳は一向に育たないであろう。


音楽豆知識