映画:海難1890(2015)

2020/04/28 [映画・映画音楽]

監督:田中光敏
脚本:小松江里子
出演:内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、夏川結衣、竹中直人、永島敏行...
音楽 :大島ミチル
撮影 :永田鉄男

評価:★★★(3.7)

1890年エルトゥールル号遭難
オスマン帝国から大日本帝国への使節団が遭難した際に日本の漁村の民が出来る限りの捜索と救出を試み、1/10程ではあったがトルコ人を帰還させた。

1985年のイラン・イラク戦争
テヘランに取り残された日本人の救援のため、トルコ政府が救援機を飛ばして救出。

この二つの知られざる歴史を描いた作品。
どちらかというと記念碑的な作品であるため細かいことは言わずに観るのがよい。

監督の芸術性を前面に出すだけが映像芸術ではない。記録映画という性格のものもあるのである。
大島ミチルさんの映像音楽というのは映像のテンポをしっかり捉えているところに光るものがあると思う。あまりアクの強い音楽を入れてしまうとこの映画の場合浮き上がることだろう。本当に燻し銀の技を感じる。

忽那汐里の存在感は素晴らしい。
心に傷を秘めた強い女というのは美しいものである。

音楽豆知識