楽典・音楽理論

楽譜

音楽を勉強している人で

「楽典が必要なのはわかるけど・・・実技練習に時間をとられて勉強している暇がない」

「効率的な覚え方がわからない・・・」

「演奏に応用する仕方がわからない・・・」

などとお話を伺うことがよくあります。

 “聴音”と同じく、音楽高校・音楽大学受験に必要な試験科目ではありますが、
それ以前に
「音楽の基礎を記した教科書」と言えます。


音大受験対策としてよく使われるのが、こちらののテキストです。
受験対策でなくとも、楽典を基礎から学ばれる方にはお勧めの一冊と言えるでしょう。


楽典 - 理論と実習/著:石桁真礼生、他【音楽書】

 音楽は基本、楽譜から読み取り演奏していきますが、楽譜に書かれていることの基本を知らなければ、曲の難易度が高くなるにつれ、どのように演奏をすれば良いのかわからなくなってしまいます。

「楽譜を理解して演奏する」ことができていないということは、楽譜に込められた作曲家の想いやメッセージを、読み取る力がついていないことを表してしまいます。

 神童と呼ばれたモーツァルトも、ピアノの詩人と呼ばれたショパンも、自分のイメージや想いを、楽譜に表しているのです。
すなわち作曲家のイメージや想いを譜面から読み取り、理解し自分の中で解釈して、楽器で表現するためには、まず楽典を身につけていなければ、そもそも難しいということになります。

大作曲家が何百年も前に作った曲を楽譜からしか読み取ることができないのであれば、その為の知識となる楽典は必ず必要となってくるのです。
 

楽典で扱う内容を整理してみましょう。前出の黄色い楽典の目次を参考に。

序章・・・「音」そのものについて
1,2・・・楽譜や
音符について
第3章・・・リズム・拍子について
第4章・・・
音程について
第5章・・・音階(
調・調号)について
第6章・・・和音について
7,8・・・
音楽用語について

6章までが「理論」の部分で、第7,8章はひたすら「暗記」する部分です。

 

演奏をするための楽譜を読み解き、楽曲分析・解釈をするための勉強が楽典と説明させていただきましたが、これはご自身で作曲をされる方にも同じことが言えます。
自分の想いやイマジネーションを楽譜に表す力のもとに楽典。さらに発展して音楽理論があります。

楽典を学び、楽譜から音楽を自分の力で読み解き、表現する力を付けていきましょう!

主要スタジオ     ※下記以外にも対応スタジオがあります

東京の主要地区にスタジオがたくさんあります!ご自宅や職場・学校から近いところ、通いやすいところで選べます!

♪駐車場完備 車移動がメインの東京の主要地区にスタジオがたくさんあります!
ご自宅や職場・学校から近いところ、通いやすいところで選べます!

詳細はアクセスページ、もしくはお問い合わせください。
 

新宿教室:新宿オトレン

東京都新宿区新宿2-14-6 2階
都営新宿線・副都心線・丸ノ内線「新宿三丁目」駅C8出口から徒歩3分
新宿オトレンまでの道のり
①地下鉄の駅の改札を出たらC8出口の表示を目指しお進み下さい。
②地下通路の突き当りにある「ビックスビル」という建物の中にお入り下さい。
③ビックスビルの中のエスカレーターを上りきった正面の自動ドアから外へ出ます。
④出てすぐの左の脇道に入ります。
⑤歩道に出たら左折して、駐車場を左手に直進します。
⑥東京三協信用金庫を通過し、その先にある横断歩道を渡ります。
⑦道を挟んで右手側にはローソンが見えてきました。
⑧ローソンの向かいの第二早川屋ビルの2Fがオトレンの受付です。

♪シャンソンコースは新宿教室のみ
♪新宿教室では全てのコース受講が可能!
♪ピアノ部屋が豊富
《オトレン公式HP》
 

渋谷教室:三浦ピアノスタジオ

〒東京都渋谷区渋谷1-14-6 3階
渋谷駅各線:11番出口より徒歩2分
三浦ピアノスタジオまでの道のり
■地下鉄より
①11番出口を出たら、Uターンします。
②すぐ先に大きな交差点(宮益坂下交差点)を左折します。
③『EXCELSIOR CAFFE』さんを左折します。
④左側の3軒目、青い看板が目印、スタジオです。

■JRより
①ハチ公広場に出たら駅を背にして右を見るとJRの高架線(ガード)や、右隅には交番が見えます。
②ガードをくぐった先に、大きな交差点(宮益坂下交差点)があります。このまままっすぐ青山方面に宮益坂を行きます。
③向かって右角に『りそな銀行』さん、左角にパン屋『BOUL'ANGE』さんが見えます。パン屋さん側に横断歩道を渡ります。
④パン屋さんを左手に坂道を上ります。
⑤『EXCELSIOR CAFFE』さんを左折します。
⑥左側の3軒目、青い看板が目印、スタジオです。

♪ピアノは毎朝調律
♪完全禁煙
♪ソルフェージュレッスン充実
《三浦ピアノスタジオ公式HP》
 

池袋教室:サウンドスタジオノア池袋

〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-63-1
池袋駅徒歩8分
サウンドスタジオノア池袋までの道のり
①池袋東口をでたら、明治通り沿いを左方向に進みます。
②しばらく進むと頭上に首都高が見えます。その下の「六ツ又陸橋」を渡ります。
③そこから左前方がスタジオです。

♪全室 WiFi完備
方にも安心
♪バンドスタジオ10部屋・ピアノスタジオ14部屋(スタンウェイ有
《サウンドスタジオノア池袋公式HP》

レッスン開始までの流れ

まずは体験レッスン!

現在 入会金1万円無料キャンペーン 実施中!
 

体験レッスン後・・・

初回レッスン日程は講師と直接調整可能!メールでご相談される生徒様が多いです。

レッスン室は講師が手配。初回はレッスン室で先生と待ち合わせ!

次回レッスン以降も先生と予定を調整可能!
楽しいレッスンの始まりです♪

プルメリア音楽教室 講師陣の特徴

音大出身である講師はモチロン!日本の音大御三家と言われる「東京音楽大学」・「桐朋学園大学」・「東京藝術大学」、日本でもトップクラスの音大出身の講師がプルメリアには多数在籍。
高い演奏技術がある講師に習わなければ、上達しないというのがプルメリアの考え方です。楽器経験者の生徒の皆様にもご好評をいただいております。
また当教室講師陣は、現役演奏家!でも演奏家と聞くととっつきにくそう、というイメージがありますがプルメリアは、話しやすい雰囲気、人あたりをとても大切にしています。
少なくともプルメリアでは、どの先生とお話しされても怖い、話にくいという感覚をお持ちになられることはないはずです。
 怖い先生でリラックスできず、レッスンで、音楽そのものをキライになってしまっては意味がありません・・・。
 体験レッスンでどうぞお確かめください!お待ちしています。

レッスン料金

月1回 5,500円 5,500円
月2回 4,500円 9,000
月3回 4,300円 12,900
月4回 3,600円 14,400

子供のための特別レッスン(4歳以上)・1時間レッスン

月1回 4,000円 4,000円
月2回 3,000円 6,000
月3回 2,800円 8,400
月4回 2,500円 10,000

ご自宅への出張レッスン

一時間 5,000円
レッスン料金込。その他交通費等はいただきません。

お試しレッスン(単発レッスン)

1回 6,000円 6,000円
3回 5,000円 15,000
5回 4,500円 22,500


全て税抜き表示。
その他、スタジオ代が生じる場合がございます。
お気軽にお問い合わせください。

レッスン時間

スタジオにより異なりますが 10時から22時が一般的です。

生徒様のお声

18歳・女性   世田谷区在住   齊藤様

桐朋音楽大学受験でお世話になりました。
ピアノは幼少期から本格的なレッスンをしていて、夏期講習で桐朋の先生とも繋がり実技に心配はあまりなかったのですが、ソルフェージュだけは地元の子供の時からみてもらっている先生では受験対策と考えると、心配になってました。
桐朋という大学は絞れていましたが、やはり調べるとソルフェージュでは藝大、東京音大より受験課題は断然難しいということ。過去問などからそれが分かったときには愕然としましたが、特に苦手だった新曲視唱にリズム打ちもある桐朋独特の問題は自分で何度やってもダメでした。コツが分からないというか…
そこで桐朋卒業で、同じピアノ科の先生に習うことを決めてプルメリアさんで受験対策をお願いしました。
やはり受験ならではの「コツ」があり、これは経験した人ではないとわからないなと思いました。また楽典やアナリーゼも教えてもらったことで楽曲分析を短時間でする力が付き、これは聴音、新曲視唱でもいかせています。
まず合格まで力を付けてくれたこと、本当にありがとうございました!先生みたいな先生になりたいです!!!!ありがとうございました!

ソルフェージュ講師紹介

反保 沙季 ( たんぽ さき )

北海道札幌市出身。2歳半よりピアノをはじめる。
第62回全日本学生音楽コンクール北海道大会高校の部第3位。MusicStudioCコンサート形式オーディション第24回音楽賞、第25回音楽賞及びことのは賞、第27回音楽賞・ジャスミン賞及び音の輪賞。第18回ペトロフピアノコンクール大学・一般部門第2位。第1回デザイン国際ピアノコンクール一般の部第3位。第15回北海道ショパン学生ピアノコンクール中学生の部金賞及び遠藤賞。第72回東京国際芸術協会新人オーディションにて奨励賞。平成29年度札幌市民芸術祭新人音楽会にて大賞など数々のコンクールにて入賞。
第37回インターナショナルジュニアオリジナルコンサートinBunkamura出演。2018年秋、札幌文化芸術交流センターSCARTSにて開催されたまちなかお昼のおんがくかいの杮落とし公演に出演。音楽と美術の融合や、子供向けなど社会福祉におけるクラシック音楽の発展を目指した自主企画コンサートも行っている。
これまでにピアノを佐藤睦美、石田敏明、田代慎之介の各氏に、作曲を小島佳男、土田英介の各氏に、室内楽を松原勝也、市坪俊彦、伊藤恵、有森博、津田裕也の各氏に、ピアノデュオを角野裕氏に、即興を平野公崇氏の元で研鑽を積む。
ディーナ・ヨッフェ、ヴェロニク・ボンヌカーズ、クリスチャン・イヴァルディ、ジャック・ルヴィエ各氏のレッスンを受講。
東京藝術大学音楽学部器楽科を経て同大学院修士課程を修了。在学中に藝大生による木曜コンサート~室内楽~に選抜。修士課程学位審査会にて、カワイ表参道ジョイントコンサート出演者に選抜される。
自らの演奏活動の他、後進の指導にも力を注いでいる。

志村 真梨子 ( しむら まりこ )

東京都出身。桐朋学園音楽学部ピアノ科卒業。
第58回鎌倉市学生音楽コンクール奨励賞。第1回全日本全楽器音楽コンクール全国大会入賞。第9回横浜国際音楽コンクール室内楽一般の部第3位。第9回長江杯国際音楽コンクール第4位。第34回及川音楽事務所室内楽部門において最優秀新人賞、伴奏部門において優秀賞受賞。2016年草津国際音楽アカデミーにて岡田博美氏のマスタークラスを受け選抜コンサートに出演。清泉女学院OGオーケストラにてピアノ協奏曲でソリストとして共演。
これまでに岩男潤子、罍真希子、谷口直子、辛島伃緒子、山田富士子の各氏に師事、室内楽を小森谷泉、加藤真一郎、石島正博、練木繁夫、鈴木良昭、竹内啓子の各氏に師事。コレペティトゥアを服部容子氏に師事。井上道義氏の指揮によるドン・ジョヴァンニプロジェクトに参加。

前廣 薫 ( まえひろ かおる )

桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻及び、オーストリアウィーン国立音楽大学卒業。
ウィーンエアバーザール、シュタイアーアルテステアターにてソロリサイタルを行う。KAWAIクラシックオーディションにて審査員一致の最優秀賞受賞。
サントリーホールにて記念演奏会出演。
相模原文化財団主催によるソロリサイタル、大倉山記念館にてソロリサイタル開催。
日墺文化協会主催コンサート、自治体主催の演奏会等他多数出演。
フィンランドクフモ音楽祭、フランスクールシュベール音楽祭参加。
第38回ピティナピアノコンペティションA2カテゴリ全国決勝大会入選。
ソロ活動の他、管楽器、弦楽器、声楽等とのアンサンブルや伴奏、また後進の指導にもあたっている。及川音楽事務所所属。ピティナ演奏会員。大和市音楽家協会会員。これまで田中麗子、迫昭嘉、田近完、J・ディヒラー、A・イエンナー、レフ・ヴラセンコ。室内楽及び伴奏法を白石隆生の各氏に師事。

小鹿 明子 ( こじか あきこ )

5歳よりピアノを始め、渡米後アーカンソー中央大学にて心理学、ピアノ演奏学位取得、インディアナ大学ブルーミントン校大学院にてピアノ演奏修士取得、パフォーマーディプロマ全過程終了。
2003年アーカンソー中央大学ピアノコンクール栄誉賞、2004年同大学ピアノコンクール優勝、同大学音楽コンクールにて2台ピアノ演奏にて3位獲得。2005年アーカンソー中央大学にてプレジデンシャルスカラシップ、2006年インディアナ大学にてフルスカラシップ獲得。首都リトルロックにて室内管弦楽チェンバロ演奏、 Music Teacher’s National Association南部大会にて数々の伴奏を経験、インディアナ大学にて伴奏者として多くの楽器奏者とのリサイタルを経験。2005年から2012年までアーカンソー州ルーテル教会専属オルガン奏者、2011年から2012年までメソディスト教会専属オルガン奏者、2015年から2016年までシアトルマグノリアユナイテッドメソディスト教会にて専属ピアノ奏者、2014年インディアナ大学ヤングピアノプログラムにてピアノ指導、同年インディアナ大学バレエ学部の専属ピアニストを経験後、ワシントン州べレビュー音楽教室にて指導、自身の教室ピアノハーモニーを経営し多くの生徒の指導にあたり幅広い年齢層のレッスンを受け持つ。ピアノをカールアンソニー、ニールラットマン、練木茂雄、練木玲子、デービットコレバー、伴奏を飯沼千温、チェンバロをエリザベスライト、室内楽をケイキム、キョンアヨウに師事。

大瀧 拓哉 ( おおたき たくや )

愛知県立芸術大学を首席で卒業、同大学院を首席で修了。
ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学大学院修了。
パリ国立高等音楽院第三課程修了。
国内外のいくつかのコンクールで入賞後、オルレアン国際ピアノコンクール(フランス)で優勝。
フランス、ドイツを中心にヨーロッパ各地で活発な演奏活動を行い、またフランスでは10箇所の音楽院でマスタークラスを行い、ソウル大学(韓国)音楽学部にも招かれてワークショップを行うなど、指導も多く行う。
2019年に完全帰国。

日下 美穂 ( くさか みほ )

3歳よりピアノを始める。桐朋学園大学卒業。

第20回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会第2位。
映画「シャイン」のプロモーションTVに出演。
東京芸術大学オーケストラと共演。
2009年イギリス・ドイツでの演奏会に出演。
2010年2台ピアノのコンサートを行う。2012年オーストリアでの演奏会に出演。
第14回ローゼンストック国際ピアノコンクール奨励賞。2014年・2015年と、ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学にてHans-Peter Stenzl氏のマスターコース受講。

これまでにピアノを渡部由紀子、加藤智子、村上弦一郎の各氏に師事。室内楽を斎木隆氏に師事。

中川 紅美 ( なかがわ くみ )

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、ヤマハ音楽教室の講師を経て、バークリー音楽院作曲アレンジ科に留学、奨学金を受け卒業後ニューヨークに渡る。
クラシックからポップス、ジャズ、映画音楽まで耳に馴染んだメロディーラインを上品なアレンジで新鮮なサウンドで聞かせていくハーモニーを得意とする。
ジャズのビッグバンドのレギュラーメンバーとして、都内のライブハウス コンサートに出演の他、ラウンジピアニストとして演奏活動を行っている。
自身の作曲、演奏による楽曲としてリラックスできるCD「ぐっすり眠れる音楽~Good Sleep Music~」がオムロンより発売、LD&Kより「ピアノラウンジ」などCDをリリース中。
 武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、専門コースのヤマハ講師として音楽教育にたずさわる。
 米国より帰国後 制作会社の音楽ディレクターとして、アレンジ作曲の現場を経験しフリーの作曲家ピアニストとして活動中。

<楽譜>
・「魔女の宅急便 ピアノミニアルバム/サニーサイドミュージック」
・「HANA-BI 久石 譲 ピアノ曲集」などピアノ編曲出版楽譜多数(約70冊)
・アマゾンなど各方面、出版社で販売されている。

<映画音楽>
 2014年 日仏米合作映画「JOURNEY TO MT.FUJI」に音楽監督として参加
「レディーモズのテーマ」を作曲し、USAカリフォルニアのインディーズ映画祭にてフィルムスコア金賞を受賞

<演奏>
ビッグバンド「ビッグペッパージャズオーケストラ」において 都内ライブハウスなどで年5回の公演やリゾートホテルでピアノ演奏をする。
プロボーカリストの伴奏者として活躍中

各種カルチャースクールなどで 子どもから大人までクラシック、ポップス、ジャスの演奏や作曲、理論など後進の育成にも力を入れるかたわら音楽療法士としての講義 グループレッスンを担当している。

猪口 真理 ( いのぐち まり )

岩手県出身。フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業。
桐朋学園大学院大学音楽研究科演奏研究専攻修了。
東北青少年音楽コンクール第3位。公益財団法人岩手県文化振興事業団主催のコンサートにオーディションを経て参加。
クールシュベール夏期音楽講習会、
ウクライナ春期音楽セミナー、ザルツブルク夏期国際アカデミー、草津夏期音楽講習会など国内外のセミナーに参加。
これまでにピアノを下田幸二、橘高昌男、上田晴子、若林顕、野島稔の各氏に、
室内楽を名倉淑子、井上雅代、中井恒仁、銅銀久弥、藤原浜雄、上田晴子の各氏に師事。
現在フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手。
ピアノソロのほか、歌曲伴奏や弦楽器との室内楽等、アンサンブルピア二ストとして活動している。

宮庄 紗絵子 ( みやしょう さえこ )

京都市立芸術大学卒業後、渡仏。 フランス国立サン=モール地方音楽院ピアノ科最高課程、リヨン国立高等音楽院ピアノ科修士課程を共に満場一致の最優秀 (trés bien) 審査員賞賛付きの成績で首席で修了。
ソロピアノに加えて、サン=モール地方音楽院チェンバロ科第三課程、パリ13 区モーリス・ラヴェル音楽院伴奏科を共に満場一致の最優秀の成績で修了。 フランスにてオーケストラとの協奏曲や室内楽、音楽祭でのリサイタル、講習会や音楽院での伴奏員など幅広く活動。在仏中から日本においても定期的に演奏会を行う。
ヒロシマスカラシップ中村音楽奨学金 2015 年度奨学生。ピアノを島岡洋子、小嶋素子、神谷郁代、砂原悟、Christine Fonlupt, Bruno Rigutto, Thierry Rosbach, Hervé N’ Kaoua の各氏に、チェンバロを中野振一郎、 Richard Siegel, Eloy Galarza 各氏に、伴奏法を Claude Collet 氏に師事。
2013年 第15回さくらぴあ新人音楽コンクール審査員特別賞
2017年 クレドール国際音楽コンクール第1位 (パリ近郊)
2018年 第49 回クロード・カーンピアノコンクール第1位 (パリ) , フランス音楽コンクー ル第1位(パリ)

吉海美帆 ( よしかい みほ )

5歳よりピアノを始める。
2010年桐朋学園大学附属 子供のための音楽教室 仙川別科教室入室。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。
日本イタリア協会 第2回コンコルソ・ムジカアルテ プレミオオーロ金賞受賞。
第4回べーテンピアノコンクール入選。
2016年エフゲニー・ザラフィアンツ氏のマスタークラスを1年間受講し、フィリアホール主催の修了コンサートに出演。
ピティナ・ピアノ曲事典録音。
2018年ピアノデュオコンサートに出演。
ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019に出演。
これまでにピアノを原口摩純、小森谷泉の各氏に、室内楽を奈良場恒美、吉村真代の各氏に、ソルフェージュを斉木隆氏に師事。
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会指導会員。

野田 智萌香 ( のだ ともか )

第2回スペイン国際音楽コンクール最優秀賞受賞。同コンクール入賞者コンサート及びガラコンサートに出演。
Music Fest Perugiaや宮代室内楽講習会などに参加。
Music Fest Perugiaではマスタークラスの受講、またソロ及びコンツェルトの演奏を行った。
東京音楽大学附属高等学校アンサンブル優秀者によるコンサートに出演。
越谷市や宮代町にてロビーコンサートを不定期開催している。
現在、東京音楽大学ピアノ演奏家コース在籍。
ピアノを藤瀬節子、井田康子、浅沼美和子、川上昌裕、広瀬宣行、チェンバロを渡邊順生の各氏に師事。

竹田 悠一郎 ( たけだ ゆういちろう )

都立総合芸術高等学校卒業。現在、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻在籍。
2009年ヤマハアンサンブルコンテスト所沢大会において金賞及び聴衆賞受賞。
2009年~2011年ピティナピアノコンペティションC,D級本選優秀賞。
2011年ヤマハマスタークラス及びマスターコース終了。マスタークラス優秀者によるヴィヴァーチェコンサート、ヤマハジュニアオリジナルコンサート出演。
2013年フランスにて、「春のパリ研修」に参加し、終了演奏会出演。
2014年第31回ピアノ教育連盟ピアノオーディション本選優秀賞及び全国優秀者演奏会出演。
2016年多摩フレッシュ音楽コンクールファイナリスト。Kデザイン音楽コンクールファイナリスト。旧前田伯爵公邸サロンコンサート出演。東京文化会館小ホールにて、都立総合芸術高等学校学内優秀者演奏会2年連続出演。
2018年、第2回ベートーヴェン国際ピアノコンクールin ASIA第2位。東久留米市新人演奏会、ピティナ公開録音コンサートなど各コンサートに出演。合唱団の伴奏ピアニストや老人ホームでの演奏活動、都内のピアノ教室にて講師を務めるなど幅広く活動している。
これまでに、秦はるひ、青柳晋、稲積亜紀子、羽田正明、アンリ・バルダ、アンヌ・ケフェレック、ミハイル・ヴォスクレセンスキーの各氏に師事。

緒形 宏子 ( おがた ひろこ )

東京音楽大学卒業。同大学研究科ピアノ伴奏者コース修了。
声楽家や器楽奏者のパートナーとして幅広く演奏活動を行い、多くの演奏家から信頼を得ている。
また、同大学指揮科アシスタントピアニストとして著名な指揮者のもと研鑽を積み、在学中より、トヨタコミュニティコンサート「メリー・ウィドウ」や、三鷹市芸術文化センター「もぎぎのオーケストラ ~くわっしっく鑑賞ガイド~」他、多くのオペラやオーケストラ公演に音楽スタッフ、鍵盤奏者として携わる。
文化庁「本物の芸術体験」での東京混声合唱団同行をきっかけに、合唱の分野でも活躍。バロックから近現代まで柔軟な対応力を生かし多くの合唱団のピアニストを務める。
2008-2009年、ヨハン・セバスチャン・カンマーコーア・ヨコハマ ドイツ演奏旅行にオルガニストとして同行、好評を博す。
2012年、一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ委嘱作品、千原英喜 混声合唱とピアノのための組曲「わたくしという現象は」初演。(カワイ出版より発売中)
また、内外の著名な演奏家とも共演を重ね、ヴィオラ奏者アヴリ・レヴィタン氏、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団第二ヴァイオリン首席奏者ティボール・コヴァチ氏他、いずれも好評を博している。
2006-2011年、東京音楽大学付属音楽教室専属伴奏員(弦楽器)
第6回日本アンサンブルコンクール弦楽・ピアノデュオ部門入選
2011-2013年ウィーンに留学。ソロ課程に在籍し更なる研鑽を積んだ。2014年ウィーン・ペータース教会にてデュオリサイタル「ドイツリートとピアノソロの夕べ」を開催し好評を博す。
ピアノを神谷都志、R.ハイバーの各氏らに、伴奏、室内楽を土田英介、迫昭嘉、水谷真理子の各氏らに師事。マスタークラス等においてC.イヴァルディ、K.リヒター、W.モーア、N.シェトラーの各氏らに学ぶ。

帯刀 優子 ( おびなた ゆうこ )

4歳からクラシックピアノを始める。東京音楽大学ピアノ科卒業。
卒業後都内近郊で演奏活動を始める中でジャズと出会い、独学で始める。
2008年ジャズピアノの勉強のためアメリカ・サンディエゴに留学。カリフォルニア州立大学サンディエゴ校でRick Helzer氏に師事。
2010年に帰国、再びフリーランスで活動中。
今までにクラシックピアノを杉山寿司子、田中麻紀、越村紅、ジャズピアノを山岸笙子、Rick Helzer, Mikan Zlatkovich氏に師事。

村田 彩歌 ( むらた あやか )

東京都出身。
4歳よりソルフェージュ、5歳よりピアノを桐朋学園附属「子供のための音楽教室」で始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻に入学。
2015年ロゼピアノコンクール学生の部B第一位、富士ニュース社賞受賞。
2018年、第9回東京ピアノコンクール高校部門審査員特別賞 受賞。
世田谷区の特色ある学校づくり推進事業の一環として、毎年小学校でコンサート及び特別支援学級での授業を行う。
東京二期会会員、永瀬祐紀乃氏の門下発表会では全20名の伴奏を担当。
その他、門下内優秀者によるコンサート、式典での演奏、老人ホームや駅前、教会でのアウトリーチ活動、合唱団の伴奏及び指導補助など、音楽のジャンルを問わず幅広く活動している。
米山多佳子、三上桂子の各氏に師事。
ミュージック・アカデミーin宮崎2018、2019にて横山幸雄氏のマスタークラスを受講。
現在、桐朋学園大学音楽学部第2学年に在学中。

酒井 梨紗 ( さかい りさ )

5歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを始める。東京音楽大学付属高等学校を優等賞で卒業。在学中、特待奨学金を得る。
第70回全日本学生音楽コンクールピアノ部門高校の部東京大会入選。
第3回水と緑のまち江戸川新進音楽家コンクール第3位。
第15回ルーマニア国際音楽コンクールピアノ部門第2位及びルーマニア大使館賞受賞。
高校在学中、推薦演奏会、卒業演奏会などに出演。
2019年度「東京音楽大学ピアノ演奏会~ピアノ演奏家コース成績優秀者による~」に出演。
仲村綾香氏の指導を経て、これまでに播本枝未子、長川晶子、恩田明香の各氏に師事。
東京音楽大学器楽専攻に給費奨学生として入学し、現在ピアノ演奏家コースに在学中。

横田 理央 ( よこた りお )

4歳よりピアノを始める。
13歳でブダペストにてリスト音楽院セミナーを受講、修了演奏会に出演。東京音楽大学附属高等学校を経て、現在同大学器楽専攻ピアノ演奏家コース4年に在籍。
リビエラ東京、西武池袋でのコンサート出演、ホテルのレセプションパーティーでの演奏、地元では教育委員会後援国際交流コンサートや幼稚園での演奏といった活動も行なっている。また室内楽や伴奏の活動、勉強をしている。
これまでにピアノを岡田敦子、鈴木弘尚、中村久仁子、松尾奈々、K・ドラフィ、K・ゲキチ、チェンバロを渡邊順生氏の各師に師事。
また、7歳から12歳まで故小山貞子氏指導のもと合唱隊に所属。
彩の国埼玉ピアノコンクール特別奨励賞受賞。
第4回ひばりピアノコンクール銀賞受賞、優秀者演奏会出演。
第32回日本教育連盟ピアノ・オーディション全国大会出場。

寺崎 涼香 ( てらさき すずか )

静岡県出身。3歳よりピアノを始め大井さとよ氏に師事。
その後望月植未、横山幸雄各氏に師事。
高校の時に沼津市のPTCコンクールで銀賞。桐朋学園大学に入学し、ピアノを木村徹,今西康彦、各氏に師事。室内楽を斎木隆,大伏啓太、各氏に師事。
日本クラシックコンクールで全国出場。大学卒業後は原田治子氏に師事し、演奏家、講師として働いている。

加藤 智美 ( かとう さとみ )

お茶の水女子大学文教育学部 音楽表現コース卒業後、渡独。ドイツ国立ミュンヘン音楽大学ピアノ科卒業、および同大学院ピアノ科修了。
在学中、ヨーロッパ各地にてソロや室内楽のコンサートに多数出演。ドイツ国内でのソロリサイタルは、地元紙にて好評を博す。

第5回、第8回川口市青少年ピアノフェスティバル市長賞。第3回全日本彩明ムジカコンコルソピアノ部門読売賞、入賞者特別演奏会に出演。第3回東京ピアノコンクール審査員奨励賞。第2回エリック・サティ国際音楽コンクール(イタリア)ピアノ部門第1位。第11回パドヴァ国際音楽コンクール(イタリア)ピアノ部門第1位、入賞者ガラコンサートに出演。副賞として、ベネチア・パドヴァ等イタリア3都市にてソロリサイタルを開催。
中学校・高等学校教諭一種免許状(音楽)取得。

本村 成葉 ( もとむら なるは )

1994年生まれ 。東京音楽大学卒業、東京音楽大学大学院鍵盤領域ピアノ専攻在学中。

第5回スガナミピアノコンクール銅賞
第34回全国町田ピアノコンクール2位
第4回国際ヤングピアニストコンクール最優秀賞
第3回ヨーロッパ国際ピアノコンクールinJAPAN銀賞。
イタリアペルージャ音楽祭にてマスターコース受講、ソロコンサート出演の他ゼルゲイ・ババヤン氏指揮でコンチェルトを演奏。
三井ホームサロンコンサートフレッシュアーティストシリーズに出演する。

大学在学中には成績優秀者によるコンサートや卒業演奏会の出演者に選ばれる。
これまでに安部尚、丸山滋に指示し、現在は武田真理、森早苗、横山幸雄の各氏の元で研鑽をつんでいる。

鈴木 大 ( すずき  だい )

神奈川県出身。11歳よりピアノを始める。
国立音楽大学ピアノ科を卒業後、同大学アドヴァンストコースにて 研修を積む。その後渡独し、ケルン音楽大学にてピアノ科修士課程 を修了。
帰国後は東京都および近郊にて演奏活動を行う。
これまでにピアノを、加久間朋子、渡邊明子、田辺緑、芝治子、江 澤聖子、ヤコブ・ロイシュナー、室内楽をアンソニー・シュピリ、 ロベルト・クーレック各氏に師事。

彩の国・埼玉ピアノコンクール特別奨励賞。
東京国際ピアノコンクール第4位。
東京ピアノコンクール審査員奨励賞。各賞受賞。
東京国際芸術協会演奏家会員。

松井 絵莉子 ( まつい えりこ )

3歳より武蔵野音楽大学付属音楽教室にてピアノを始める。
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
在学中チェンバロ、伴奏法を学び様々なコンサート等にも出演。
日本ピアノ教育連盟第24回、第27回ピアノ・オーディション奨励賞受賞。
これまでにピアノを森恵氏、遠藤裕子氏に、伴奏法を横山修司氏に、チェンバロを西山まりえ氏に師事。

平野 裕樹子 ( ひらの ゆきこ )

日本大学芸術学部を総長賞を得て首席で卒業。
読売新聞社主催新人演奏会出演。ソレイユ新人オーディション合格。市川市文化会館新人オーディション優秀賞受賞。

2001・2002・2004年、パリのエコール・ノルマルで開催された「The Paris International Summer Sessions」受講。同時に選抜者によるP.アントルモン、G.ムニエ両氏の特別マスタークラスを受講し、サル・コルトーで開催されたファイナルコンサートに出演。ディプロムを取得。

2006年、プラハにおいて開催された第13回Ameropa国際室内楽フェスティバルに参加し、プラハ市内各地およびチェスキークルムロフで開かれた様々なコンサートに出演。

2010年より3年連続アングレーム(仏)で開催されたCommixtus国際室内楽フェスティバルに招待され、ピアノソロや現地フランス人メンバーとのアンサンブルで日本とフランスの作品を紹介するコンサートを開催し好評を博す。更に現地の音楽学校Académie de Pianoにてマスタークラスを開催。
2011年ロシア大使館で開催された「日ロ友好の夕べ」に招かれコンサートにてソロ演奏を披露。 
2015年アジア初開催となった「国際ダブルリードIDRSフェスティバル」においてフランス人ファゴット奏者フィリップ・ダヴィド氏とデュオリサイタルを開催。同年、フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団首席チューバ奏者水中豊太郎氏と東京にてデュオリサイタルを開催。

2016年8月、イタリアにて開催されるオルベテッロ国際ピアノフィスティバルに招かれ、コンサート出演を予定している。
11月、日伊国交樹立150周年記念事業の一環として採択され、東京と名古屋でイタリア人ピアニスト、ジュリアーノ・アドルノ氏とのデュオコンサートの開催を予定。

2004年よりこれまでに東京で8回のソロリサイタルを開催している他、室内楽、コンサートの共演ピアニストとしての演奏活動も積極的に行っており、加えて、日本作曲家協議会が主催する「アンデパンダン」出演を始めとする数多くの新作初演にも携わっている。

室内楽及び邦人作品の普及を目指すフォッシオー(Fossio)を主宰し、コンサート活動に加え、次世代を担う子どもたちのための親子コンサートや学校公演を開催。
日仏現代音楽協会会員。練馬区演奏家協会会員。市川市文化振興財団登録アーティスト。公益法人千葉市文化振興財団アーティトバンクちばのアーティストとしてNHK千葉放送への出演や各地でのワンコインコンサート、ロビーコンサートなど音楽普及のための活動も幅広く行っている。
ピアノを神野明氏、室内楽を鳩山寛氏に師事。

川添 桃香 ( かわぞえ ももこ )

大阪府出身。3歳よりピアノを始める。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
中学、高等学校教員免許取得。
SEKAINO OWARI、ピアノ担当Saoriさんの叔母にあたる片桐千歳氏に師事。
連弾で共演し、共にレッスンを受ける。

大阪音楽大学教授、武岡登士子氏主催:春声会会員。
神戸、芦屋でリサタイルに出演する。

これまでに、武岡登士子氏、田中紀子氏、植田恭子氏に師事。

2019年9月、響宴会に出演。
現在も演奏活動を行なう。

菅野 美奈 ( かんの みな )

洗足学園大学音楽学部ピアノ科卒業。
宮沢明子、故マックス・エッガー、故田中希代子に師事。
21歳でリサイタルを行ない、カザン国立音楽院弦楽四重奏団、天満敦子(Vn)
ウェルナー・トリップ(Fl)、アヴォ・クユムジャン(Pf)、ヘルヴィック・ツァック(Vn)、アダルベルト・スコチッチ(Vc)、ルーマニア国立ディヌ・リパッティ交響楽団等と協演。
ライヴを含むCDを10枚発売。
1996年2月、タタールスタン文化大臣より表彰を受ける。
現在はソロ活動の他、ユニットを組みmina & ファンタジアとして学校、病院、施設でのボランティア活動を活発に展開中。

有泉 香里 ( ありいずみ かおり )

5歳より母の手ほどきを受けピアノを始める。8歳より末木裕美氏に師事。
第30回ピティナ・ピアノ・コンペティションB級全国大会入選。
第33回同コンクールデュオ部門中級全国大会奨励賞。
第10回フレッシュ横浜音楽コンクール大学S部門銅賞。
第26回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部第5位(1~3位なし)。
これまでに小林仁、ルーステム・サイトクーロフ、ヨセフ・アントン・シェラー、ヨハン・シュミット、ジャン=ジャック・バレのマスタークラスを受講。
学内において2017年度特別選抜学生認定。選抜学生による演奏会に出演。
現在洗足学園音楽大学アンサンブル・スタディ・クラス3年在籍。現在ピアノを末木裕美、杉本安子、歌曲伴奏を森島英子、室内楽を西脇千花、フィンガートレーニングを山本光世の各氏に師事。

𠮷野 聡美 ( よしの さとみ )

日本大学芸術学部音楽学科卒業。卒業時に成績優秀賞受賞。
現在、コンサートピアニスト、ピアノ講師、オペラの伴奏ピアニストとして全国のコンサートやコンクール、リサイタル等で活動中。
2016年すみだトリフォニーホールにてピアノソロリサイタル開催。

3歳より音楽教育を受け、大学在学中からソロのみでなくオペラ伴奏を始め、現在も国内外のオペラ歌手と交流を持ち演奏活動をしている。
また、自身もより優れた伴奏者になるために声楽を本格的に学び、メゾ・ソプラノ歌手としても活動中。2016年はオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」にてルチア役デビュー、またローラ役としてオーケストラによるガラ・コンサートに出演。
サントリーホールにおいて毎年ピアニスト兼歌手としてコンサート出演中。

一方で大学在学中に中学高校教員免許状を取得し、子どものための音楽教育にも取り組みはじめる。保育園等での音楽教室をはじめ、フジテレビ主催のキッズカフェ「ママトコ」にてリトミック講師を勤めるほか、お子様から社会人のピアノ初心者の方々をはじめとして、現在、幅広い年齢層のレッスンを受け持つ。

大里 恵子 ( おおさと けいこ )

3歳よりピアノを始める。
上野学園大学短期大学部ピアノ科を卒業。
さいたま市音楽連盟定期演奏会、ジョイントコンサートに出演。
Academy Of Music Hits Village New Yorkにて、DTM(編曲)コースを受講。
これまでにピアノを伊藤裕子、高橋泰子、鈴木祥子、中島彩、
編曲を草間敬の各氏に師事。
現在は、演奏活動を行っている。

日向 陽 ( ひなた あかり )

北海道出身。北海道教育大学岩見沢校教育学部芸術・スポーツ文化学科音楽文化専攻卒業。
第16回日本クラシック音楽コンクールピアノ部門小学生の部全国大会入選。
第26回毎日こどもピアノコンクール小学5年生の部本選金賞。
第25回JPTAピアノオーディション全国大会入賞、入賞者演奏会出演。
第29回日本音楽指導者協会ピアノコンクール北海道大会最優秀賞および北海道新聞社賞、全国大会最優秀賞。
第4回日本バッハコンクール全国大会ベスト賞。
第39回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ部門Yカテゴリー東日本Ⅰ本選第1位、全国決勝大会入選。第40回同大会Dカテゴリー東日本Ⅰ本選優秀賞。
第17回大阪国際音楽コンクール全国大会Age-U部門エスポアール賞(第4位)。
平成30年度札幌市民芸術祭新人音楽会出演。
大学在学時に推薦を受け、北海道立近代美術館連携コンサートや学内室内学選抜演奏会、卒業演奏会に出演。
これまでに、棚橋妙子、水田香、松永加也子の各氏に師事。

音楽豆知識一覧

Menu

おすすめコース

 

東京、新宿、池袋、渋谷で自分に合った音楽教室に通おう!!

世の中には、数え切れないくらい音楽教室があり、どれを選んだら良いか迷いますよね。東京、新宿、池袋、渋谷で音楽教室をお探しなら、豊富なレッスン内容を行っているPlumeria MusicSchoolなら、自分の希望するレッスンがきっと見つかるはずです。ここでは、Plumeria MusicSchoolで行っているレッスン内容を抜粋し、魅力をお伝えます。

幼児期に音楽教室が習い事で人気の理由について

幼児期に音楽教室が習い事で人気の理由は、脳の活性化に繋がるからです。就学以前の教育では脳の発育がとても大事にされています。幼少の脳教育では、バランス良く右脳・左脳も鍛えてあげる事が重要なポイントです。右脳と左脳は、それぞれ得意分野が異なりますが、一方だけを鍛えても考え方の応用力が欠如いてしまい、偏った思考になりがちになってしまうのです。なので、バランス良く幼児期に脳を鍛える事が重要で、それには聴覚が最適と言われています。幼少期に聞く力が発達している子は、脳が順調に成長する傾向にあると言われており、聞く力を支える担う脳は左右にあるのです。なので、注意して聴く行為が、実は子供の脳を育み、自ずと右脳・左脳の両方の成長に繋がると言われています。

大人が音楽教室へ通う魅力について

昨今、大人の音楽教室がブームになっています。その理由は、子供の頃にピアノやバイオリンなど、音楽を習った経験がある方、習ってみたいと思いつつきっかけが無かった方などが、大人になって音楽を習い始めているからです。大人と言っても、年齢別に見ると30代~40代を中心にブームとなっていますが上は80歳の年配者までと、幅広い年齢層の方が音楽教室に現代では通っています。そして、6割以上が大人になってから初レッスンと言う方ばかりです。時間的な余裕と言うより、金銭的・経済的な余裕が高齢になってでき、自分の楽しみを持った方が増えた事が理由です。家と会社の往復でなく、仕事以外の楽しみや趣味を持つ事で、より自分の人生を豊かにしていく事で、日常生活の過ごし方も変わってくるものです。さらに、昔までは決まった曜日・時間のレッスンでしたが、もっと自由なスタイルの音楽教室が増えています。

ギターレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でギターレッスンを習うメリット

独学では学べない知識や技術の習得

ギターレッスンは、生徒のレベルによって内容は違ってきます。例えば、初心者ならばギターの持ち方やチューニング方法から教わり、ストローク、運指、TAB譜の読み方などを理解していきます。一見、自分でもこなす事ができそうな内容と思うかも知れませんが、ギターの最初の難関でもあります。自分の弱点を指摘してくれたり、教材や動画があったりすれば良いかも知れませんが、残念ながらそのような便利アイテムはありません。

自分の弱点を無視してギター曲に取り組んでも、いつまで経ってもスキル上達できず、挫折してしまう事にも繋がります。ですが、Plumeria Music Schoolでは、あなたの弱点に一番に気付き、コツや対処法などを指導していきます。

また、ギター中級以上の方であれば、今より一層効率的な弾き方や音の作り方など、テクニックを教わる事もできるので、自分が奏でるギターの音色にプラスαの演奏技術を加えていく事ができます。Plumeria Music Schoolの生徒の中には、現役で音楽活動をしている方もおり、プロとして知識や技術を磨いていける事も大きなメリットです。

大人からでも上達する事ができる

音楽教室と聞くと、子供が通うイメージが強いかもしれませんが、実は、決してそんな事はありません。初心者でも経験者でも、子供から大人まで幅広い年齢層の方がギターを習っています。個人レッスンなので、落ち着いた環境でギターレッスンに励む事ができます。また、ギターレッスンでは、ギターの基礎から学ぶ事ができるので、年齢は関係無くしっかりスキル上達できます。さらに、マンツーマンレッスンであれば、自分の今のギタースキルに合わせ、講師がレッスンします。なので、演奏スキルの上達スピードは一層早くなます。自分の自由時間をギターレッスンに充て、ギター演奏の一歩を踏み出す事ができます。

間違いを直ぐ修正できる為上達が早い

ギターレッスンでは、講師が自分のギタースキルを見て、その場で間違いをしっかり指摘します。なので、変な演奏の癖がついたり、間違ったまま覚えてしまったり、このようなリスクを無くす事ができます。ギターの知識や技術を間違ったまま覚える事は、どこかで必ず躓く原因になります。なので、直ぐに間違った箇所を修正できる事は、スキルを磨いていく上では大きなメリットです。また、演奏中に自分の間違いに気付く事も難しい事です。しかし、しっかり指摘してくれる人がいる中でレッスンを積む事で、自分の間違いや弱点にちゃんと気付く耳を持つ事ができます。このように、ギターレッスンは、独学よりも上達スピードが何倍も早くなります。

ボーカルレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でボイトレッスンを習うメリット

初心者でも確実にスキル上達できる

ボイスレッスンでは、音楽のプロである講師が指導します。なので、歌う事に関しての正しい知識を身に付ける事ができます。レッスン中には、講師が生徒のお手本として歌ってくれる事もあり、正しい発声・音程・リズムなどを理解する事ができます。なので、自分が分からない部分をその場でしっかり質問する事できるのもメリットです。

また、生徒のレベルに合わせた指導を行うので、呼吸法や発声法など丁寧に教えていきます。基礎がなければ歌唱力はアップしないので、基礎を磨きレッスンが行われています。上達していく事で、歌唱力や表現力も磨いていくレッスンになっていきます。音楽経験のある講師なので、教則本では得られないテクニックを習得する事もできます。ボイスレッスンでは、初心者が確実にスキルアップでき、上達スピードもが早くなります。

プロを目指す事ができる

例えば、歌う事に自信のある方でも、ボイスレッスンに通うメリットは沢山あります。将来、プロ歌手になりたい場合、今から歌う基礎を身に付けておく事で、自分の歌に磨きをかけていく事ができます。また、オーディション用の歌の練習など、本格的なレッスンで技術を学ぶ事ができます。

自分と志が同じな音楽仲間ができる

ボイスレッスンに通う事で、歌が上手くなる事はもちろん、音楽を通して知り合いや友人が増える事もメリットです。自分に新たな出会いができるので、同じスクール内でバンドを結成するケースもあります。また、音楽イベントも開催されるので、発表会、ライブ、親睦会などで、仲間と親交を深める事もできます。

ピアノレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でピアノを習うメリット

両手で弾く事で脳の活性化に繋がる

ピアノを弾く時には、目で楽譜を追い、リズムと音程を把握しますよね。左手は伴奏を、右手ではメロディーを奏でます。また、曲想記号を見て音に強弱を付けた弾き方をしたり、ペダルで音を響かせたり、色々な技術を演奏中には取り入れています。ピアノはこれらの動きを同時に行いながら、一つの曲を演奏していますね。この時、脳は視覚から情報を取り入れ、読み取った情報をアウトプットするよう指令を出しています。これを続ける事によって、実は、脳の活性化が期待できるのです。

もちろん、ピアノ初心者で一度にこのレベルまではできませんが、楽譜を目で追う、音階を声に出して読む、リズムを叩くなどを行う事で、脳の活性化が促されます。例えば、右手のみ鍵盤で弾く、慣れてきたら両手弾くなど、にステップを踏んで形付ける事で、指も柔軟に動くようになっていきます。ピアノの鍵盤と言うのは、ある程度の重みがありますよね。なので、鍵盤を叩くだけでも指先の運動になっており、脳の活性化を促す事に繋がっています。

ピアノの音色でリラックス効果

ピアノの音色と言うのは、柔らかくて音程が正しく調律された音です。なので、音を聴くだけでも綺麗や可愛いなど、音に対する雰囲気を感じ取る事ができますよね。プロのピアノ奏を聞くと、キラキラした音、重い感じ、調和的など、メロディーから音楽の雰囲気や曲の背景を想像する事ができます。このように、曲の雰囲気を想像したり、曲の背景を感じ取ろうしたりとする、気持ちが穏やかになってリラックスする事ができます。有名な音楽家であるモーツァルトやシベリウスの曲は、リラックスできる曲とし様々なシーンで紹介されていますよね。

達成感を味わう事でポジティブ思考になる

ピアノレッスンでは、例えどんなに簡単な曲であっても、目標を達成すれば講師が楽譜に大きな花マルを付けてくれますよね。自分でもピアノ曲が弾けた達成感が得られる事で、次の曲への演奏意欲にも繋がります。なので、難しい曲でもモチベーション上がって、ピアノを弾く時間を楽しく感じるようになるものです。もちろん、スランプに陥ったり、苦手な奏法の壁を感じたりする事もありますが、達成感は自分の中にポジティブ思考を生み出してくれます。このように、ポジティブ思考はピアノだけでなく、色々な生活面においても乗り切る力となります。また、ピアノ演奏は自分の特技や自信にも繋がります。ネガティブな一面を打開するきっかけになる事もあります。直ぐに思考が切り替わると言う事ではありませんが、ピアノを続ける事やレッスンを重ねていく事で、徐々にポジティブに気持ちが変わっていきます。

ミュージカル歌唱レッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷ミュージカル歌唱を習うメリット

歌唱力を磨くことができる

ミュージカル歌唱レッスンを習う事で、歌唱力がアップさせる事ができます。ミュージカル歌唱なので、ポップスやロックなどの歌唱力ではなく、全ての基礎となる呼吸法や発声法をはじめ、肉声で空間に響かす歌唱力を身に付けていく事ができます。しかし、いくらミュージカル歌唱レッスンを習っていても、自己練習を怠ってしまえば、当然、歌唱力のスキルは伸びないので継続して行う事で、自分のスキルとして、技術を歌唱の際にも活かす事ができます。

言葉の発音スキルを磨く事ができる

ミュージカル歌唱の歌には歌詞が付いていますよね。言葉の発音や言霊を大切にして歌うのがミュージカル歌唱です。さらに、肉声でもって、言葉をメロディーに乗せ、聴き手に届ける事になります。なので、安定した呼吸に支えられた言葉の発音が大切になってきます。いい加減な発音や不安定な発音では、聴き手に届かない歌唱になってしまいます。このように、ミュージカル歌唱では、言葉の発音にも気を遣いながら歌を歌う事を習う為、自分の発音スキルも磨く事ができます。

正しいトレーニング方法を指導してもらえる

ミュージカル歌唱レッスンに通う事で、プロから正しく指導してもらえます。確かに、インターネットや教本にも、歌唱のトレーニング方法は載っていますが、正しく実践できているかどうかは別問題です。歌う為の姿勢が間違っていたり、喉に負担をかけてしまっていたり、自分では気付く事のできない事は沢山あります。しかし、ミュージカル歌唱レッスンであれば、正しいトレーニング方法をしっかり教えてくれるので、着実にスキルをアップしていく事ができます。

モチベーション維持に繋がる

定期的にミュージカル歌唱レッスンに通う事で、モチベーション維持にも繋がります。例えば、自分で「毎日歌唱レーニングするぞ」と意気込んでも、怠ってしまう事はありませんか?その点、レッスンに通えば、自分の課題も明確になるので向上心にも繋がり、上達しようと思う気持ちも高まります。定期的にプロのサポートを受けながら練習する事で、しっかり自分と向き合い、スキルを磨いていく事ができますよね。

まとめ

ここでは、東京、新宿、池袋、渋谷で、ギター、ボーカルレッスン、ピアノ、ミュージカルのレッスンへ通う魅力をお届けしてきましたが、いかがでしたか?レッスンに行くべきか悩んでいるようであれば、体験レッスンや見学に来て、実際に見てみる事もできます。Plumeria Music Schoolは、東京、新宿、池袋、渋谷エリアにスクールがあり、幅広いニーズの方が様々な音楽を楽しく真剣に学ぶ事ができる音楽教室です。是非、気になる音楽ジャンルがある際には、Plumeria Music Schoolで音楽を始めてみませんか?