• トップ
  • レッスンコース
  • 子供のヴァイオリン,ヴィオラ,チェロレッスンなら東京【新宿・渋谷・池袋】プルメリア音楽教室

子供のための特別レッスン・バイオリン/ビオラ/チェロ

子供とレッスン講師
バイオリンと、一生のお友達になるために。

お子様一人ひとりの個性に合わせて、楽しく、そして正しくバイオリンを演奏するためのレッスンを行います。
まずはじめは、バイオリンとお友達になりましょう。肩のあたりから伝わってくる心地よい響きは、今まで味わったことのない面白さと探求心をくすぐることでしょう。
楽譜の読み方やバイオリンの構造、大切な扱い方も初めが肝心。音楽遊びやリトミックを取り入れたオリジナルの指導法をもとに、バイオリンの豊かな響きをお子様のものに...♪

 



【対応スタジオ一覧】

※下記以外にも対応スタジオがございます。
詳細はアクセスページ、もしくはお問い合わせください。

新宿教室:新宿オトレン 
ルート案内

160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6 2

都営新宿線・副都心線・丸ノ内線「新宿三丁目」駅C8出口から徒歩3分
①地下鉄の駅の改札を出たらC8出口の表示を目指しお進み下さい。
②地下通路の突き当りにある「ビックスビル」という建物の中にお入り下さい。
③ビックスビルの中のエスカレーターを上りきった正面の自動ドアから外へ出ます。
④出てすぐの左の脇道に入ります。
⑤歩道に出たら左折して、駐車場を左手に直進します。
⑥東京三協信用金庫を通過し、その先にある横断歩道を渡ります。
⑦道を挟んで右手側にはローソンが見えてきました。
⑧ローソンの向かいの第二早川屋ビルの2Fがオトレンの受付です。

ャンソンコースは新宿教室のみ

新宿教室では全てのコース受講が可能!

ピアノ部屋が豊富


 

 

渋谷教室:三浦ピアノスタジオ  ルート案内

150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-6 3

渋谷駅各線:11番出口より徒歩2
地下鉄より
①11番
出口を出たら、Uターンします。
②すぐ先に大きな交差点(宮益坂下交差点)を左折します。
③『EXCELSIOR CAFFE』さんを左折します。
④左側の3軒目、青い看板が目印、スタジオです。

JRより
①ハチ公広場に出たら駅を背にして右を見るとJRの高架線(ガード)や、右隅には交番が見えます。
②ガードをくぐった先に、大きな交差点
(宮益坂下交差点)があります。このまままっすぐ青山方面に宮益坂を行きます。
③向かって右角に『りそな銀行』さん、左角にパン屋『BOUL'ANGE』さんが見えます。パン屋さん側に横断歩道を渡ります。
④パン屋さんを左手に坂道を上ります。

⑤『EXCELSIOR CAFFE』さんを左折します。
⑥左側の3軒目、青い看板が目印、スタジオです。
ピアノは毎朝調律

完全禁煙

ソルフェージュレッスン充実



 

池袋教室:サウンドスタジオノア池袋 ルート案内

170-0013 東京都豊島区東池袋2-63-1

池袋駅 徒歩8
①池袋東口をでたら、明治通り沿いを左方向に進みます。
②しばらく進むと頭上に首都高が見えます。その下の「六ツ又陸橋」を渡ります。
③そこから左前方がスタジオです。

全室 WiFi完備

駐車場完備 車移動がメインの方にも安心

バンドスタジオ10部屋・ピアノスタジオ14部屋(スタンウェイ有)

 

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス講師紹介

村田 恵子 ( むらた けいこ )

4歳よりヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。
現在、東京都交響楽団ヴィオラ奏者。

神戸文化ホールフェスティバル2002「はばたけ神戸の若き音楽家たちⅤ」最優秀賞受賞。
第4回日本アンサンブルコンクール最優秀演奏者賞受賞。
第7回別府アルゲリッチ音楽祭にて、ユーリ・バシュメット氏の公開マスタークラスを受講。
JTが育てるアンサンブルシリーズ、藝大定期室内楽等に出演。
五嶋みどり氏が主催「第2回コミュニティエンゲージメントプログラム2007(カンボジア)」、小澤征爾音楽塾などに参加。

ヴァイオリンを大塚さえ子、竹内民男、近藤緑、若林暢、ヴィオラを大野かおる、川﨑和憲の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て、同大学院修士課程修了。

中村 楓子 ( なかむら ふうこ )

5歳よりヴァイオリンを始める。
現在、東京交響楽団第1ヴァイオリン奏者。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を卒業後、桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマコース在籍中に東京交響楽団のオーディションに合格。
第65,66回全日本学生音楽コンクール東京大会バイオリン部門高校の部入選。
第22回日本クラシック音楽コンクール高校女子の部 第4位。
第7回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門 大学の部 第1位。
2011年 桐朋Students’ concert、桐朋学園音楽部門 平成24年度高校卒業演奏会、第20回河口湖ヴァイオリン・セミナー優秀者によるハーフリサイタル“新しい風”などに出演。
2013北九州国際音楽祭オープニング・ガラ・コンサートに祝祭弦楽合奏団として参加。
第5回仙台国際音楽コンクール審査員によるマスタークラス、モーツァルテウム音楽大学夏期国際アカデミーなどを受講。アフィニス夏の音楽祭2016山形に参加。
これまでにヴァイオリンを宮崎ありさ、吉野薫、豊田弓乃の各氏に師事。

柳田 茄那子 ( やなぎだ かなこ )

【経歴】
2歳2ヶ月より才能教育スズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、2009年に東京芸術大学音楽学部に入学。これまでに、小川有紀子、山崎貴子、ジェラール・プーレ、オレグ・クリサ、澤和樹、ジョルシュ・パウク各氏に師事、室内楽をジョー・コール、マイケル・デュセク他に師事
2010年に渡英し、2014年英国王立音楽院音楽学部を1st Classで卒業。
その後同大学院に進学し、2016年マスターを最優秀で卒業、RAM Diplomaを授与される。
過去、11歳で第55回全日本学生音楽コンクール小学生の部東京大会第1位。
2004年第58回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部第2位。
英国湖水地方音楽祭、ロンドンマスタークラスに参加。
2008年東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校の代表に選出され、第4回国立音楽大学附属音楽高等学校による招待演奏会にて演奏。
2009年第78回日本音楽コンクールヴァイオリン部門入選。
東京藝術大学1年在学中に福島育英会より2010年度『福島賞』を受賞。
2010年9月英国王立音楽院音楽学部にスカラシップを得て留学。
在籍中にJ.Water House Award、DM Lloyd Awardなど多数受賞。

【活動】
室内楽ではEagle Trioのメンバーとして活動。
在英中、セナートハウス、ケンブリッシ・マスターズロッジ等、英国内でコンサート活動を行う。2013年ロイヤルアカデミーオーケストラと共演。
また学内では、 マキシム・ヴェンゲーロフ、ニン・フェン、Owen Trio他の公開マスタークラスを受講。
2015年ケンブリッジインターナショナルストリングアカデミーに参加しロドニー・フレンド、堀米ゆず子他に指導を受ける。
2017年4月に銀座王子ホールにて帰国記念リサイタルを開催し好評を得る。
また同年11月東京芸術劇場にて東京ニューシティ管弦楽団定期公演にソリスト共演他、過去東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団他と共演。
2018年9月よりサントリー室内楽アカデミーのフェローに合格し、TRIO MUSICAのメンバーとして活動中。
公益社団法人日本演奏連盟会員。

黒田 志歩 ( くろだ しほ )

桐朋学園大学、東京芸術大学大学院修士課程、ハノーファー音楽演劇メディア大学芸術家養成コース、オーケストラ・ソロ・コース、ソリスト・コースにて学ぶ。
全日本学生音楽コンクール中学校の部入選。
日本クラシック音楽コンクール、大阪国際音楽コンクール、名古屋国際音楽コンクール等受賞多数。コンセール・ヴィヴァン優勝。
桐朋学園室内楽演奏会にも選ばれ出演。桐朋学園オーケストラではトップ奏者も務めた。
日演連推薦/新人演奏会にて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。
ゴスラー国際コンサート週間、オランダ音楽セッションズ、ロンドン国際室内楽協会等、多くの音楽祭に特待生として参加し、数々の特別コンサートに出演。新聞にて絶賛された。
レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリン・コンクール、ハノーファー・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール、ニールセン国際音楽コンクールに入選。
エンリケ・マッツォーラ指揮アンサンブル・イル・ジョコ・コル・スオーノ、シマノフスキ・カルテット、ハーメルン・ミュンスター教会アンサンブルともソリストとして共演し、新聞にて絶賛される。多数の学内コンサートの他、ドイツ各地の教会や老人ホーム、サロン等に定期的に招かれ、ソロや室内楽で活動。独奏曲の初演も依頼され好評を博した。
グダニスク春の音楽祭のソリストとして、バルト歌劇場管弦楽団、及び、ポーランド・フィルハーモニア・バルト(PFB)交響楽団と共演。ハノーファー音楽演劇メディア大学オーケストラでは、トップ奏者、並びにコンサート・ミストレスも務め、絶賛された。
ハノーファー北ドイツ放送交響楽団の研修生を経て、上位エキストラに昇格。ゲッティンゲン交響楽団、リューベック・フィルハーモニー・オーケストラ、ヴッパタール交響楽団で第1ヴァイオリン団員を勤めた。ヴッパタール交響楽団では、WDRラジオ生放送公演の、ソリ・パート奏者も務めた。 他、多数のオーケストラにエキストラ出演。
帰国後、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラのコンサート・ミストレス(第2ヴァイオリン首席奏者兼任)。東京フィルハーモニー交響楽団第1&第2ヴァイオリン・エキストラ奏者。他、多数のアンサンブルやプロ・オーケストラにエキストラ出演。
これまでに、ヴァイオリンを吉野薫、鷲見健彰、梅津南美子、清水高師、クシシュトフ・ヴェグジンの各氏に、室内楽を徳永二男、ゴールドベルク山根美代子、マルクス・ベッカー、シマノフスキ・カルテットの各氏に師事。  

浮村 恵梨子 ( うきむら えりこ )

大阪府出身。東京藝術大学を経て東京藝術大学大学院修士課程修了。
卒業時に大学院アカンサス音楽賞受賞。
第19回日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会最高位受賞。
第32回霧島国際音楽祭にて、霧島国際音楽祭賞受賞。
ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012奨励賞受賞。
第7回全日本芸術コンクール第1位受賞。
ウィーン国際夏期音楽ゼミナールに参加、ディヒラーコンクール第1位受賞。
佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。
小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、オーケストラプロジェクトに参加。
PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2015に参加。
これまでにバイオリンを梅谷敬子、四方恭子、玉井菜採、景山誠治、小野明子、松原勝也の各氏に師事。室内楽を山崎伸子、大関博明、松原勝也、大友肇、山本正治、中木健二、菊地知也の各氏に師事。
現在、フリー奏者としてオーケストラへの客演、ソロ、室内楽、などで活動する傍ら後進の指導にあたっている。またクラシックのみならず、様々なアーティストのレコーディング、PV、テレビ出演、ライブサポートなど幅広いジャンルで活動している。

加藤 菜生 ( かとう なお )

3歳よりチェロを始める。
2004年より佐渡裕氏率いるスーパーキッズ・オーケストラに所属。
2006年 KOBE国際学生音楽コンクール弦楽器部門優秀賞。
2007年 泉の森ジュニアチェロコンクール中学校部門銅賞。
     びわ湖シンフォニーホールにて京都市交響楽団と共演。
2008年 日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会入選。
2009年 アスペン ミュージック スクール(アメリカ・コロラド州)に参加。
     マイケル・マーメーガン氏に師事。
2009-2013年 京都フランス音楽アカデミーに参加。
2010年 泉の森ジュニアチェロコンクール高校生部門奨励賞。
音楽への道CEM企画による「キオスクコンサート」に出演。
     姫路・パルナソスホール「フレッシュコンサート2010」に出演。
     日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会第2位。
2012年 横浜国際音楽コンクール入選。
2013年 第4回、コンコルソ ムジカアルテ 金賞。フランスへ留学。
2014年 パリ地方音楽院にてDEM(ディプロム)取得。
現在、東京藝術大学院 音楽学部在学中。

福田 紗瑛 ( ふくだ さえ )

愛知県岡崎市出身。3歳よりヴァイオリンをはじめ、学部4年次より市坪俊彦氏のもとで本格的にヴィオラを始める。
ヴァイオリンにおいて、全日本学生音楽コンクール、大阪国際音楽コンクール等、多数のコンクールで入賞、入選。
名古屋市立菊里高等学校音楽科を卒業後、愛知県立芸術大学を1年で中退。その後、東京藝術大学器楽科ヴァイオリン専攻を経て、現在、同大学院音楽研究科修士課程ヴィオラ専攻1年に在籍。
飛騨高山国際音楽祭、草津夏季国際音楽アカデミー等に参加。
これまでに、ヴァイオリンを伊東かおり、北垣紀子、桐山建志、清水高師氏に師事し、室内楽を松原勝也、山崎貴子、市坪俊彦、江口玲各氏に師事。

原 宗史

1999年生まれ。三重県出身。3歳よりピアノとヴァイオリンを、9歳よりチェロを始める。
2015年、マキシム・ヴェンゲーロフ~一夜限りのクリスマスコンサート~クリスマスストリングスに参加。
同年、東京音楽大学より奨学金を得て、ドイツのバイエルン州立青少年オーケストラに参加。
ミュンヘンやレーゲンスブルクなどの各都市で公演。秋
吉台ミュージックアカデミー、上山音楽祭などに参加。
ラ・フォルジュルネ音楽祭に出演。

これまでにチェロを松波恵子、上森祥平、花崎薫の各氏に師事。室内楽を水島愛子、横山俊朗、市坪俊彦、漆原朝子、吉田有紀子、津田裕也の各氏に師事。
Dante Quartetより井上祐子、Richard Jenkinson各氏の特別レッスンを受講。
学内においてオーディション合格者による室内楽定期演奏会に出演。東京音楽大学付属高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部3年に在学中。

安藤 真奈 ( あんどう まな )

4歳よりヴァイオリンを始める。
NHK名古屋青少年交響楽団OG。2014年にコンサートミストレスをつとめる。第66回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第2位、第67回同コンクール名古屋大会第3位、第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位。第9回横浜国際コンクール第2位。第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第2位。名古屋市立菊里高校を経て、現在、東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻3年在学。

信友 裕子 ( のぶとも ひろこ )

東京薬科大学にてコントラバスをはじめる。卒業後、桐朋学園大学音楽部ディプロマコースへ入学。
2005年PMF参加。修了後はウイーンコンセルバトワールにて学ぶ。IOIAやザルツブルク音楽祭などの数々の音楽祭、講習会に参加。2010年に帰国。帰国後は、フリーのコントラバス奏者として、オーケストラ、室内楽、また音楽教室や吹奏楽の指導など幅広い分野で活動中。上杉隆治、池松宏、A.Ackerman、H.Mayrの各氏に師事。

稲垣 理有 ( いながき りゆ )

東京都生まれ。13歳よりコントラバスを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業、同研究科修了。
小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトXⅡ、サイトウキネンフェスティバル「青少年のためのオペラ」に出演。
これまでにコントラバスを石田絵里、黒木岩寿、西田直文、本間達朗の各氏に、室内楽を田崎悦子、徳永二男の各氏に師事。
現在、桐朋学園大学嘱託演奏員。

山室 牧子 ( やまむろ まきこ )

東京音楽大学卒業、ウィーン大学、ライプツィヒ国立音楽大学留学。
これまでに田中千香士、景山誠治、荒井英治、アンナ・スタルノフスカヤ、トーマス・ブランディス(元ベルリンフィルコンマス)、ローランド・バルディーニに師事。
オランダにてヴィクトール・リーベルマン、イタリアにてフランコ・グッリに師事し研鑽を積む。
ベルリン、ポツダム、ライプツィヒ、ミュンヘン、アウグスブルク、フュッセン、フィレンツェ、ローマで演奏。
音楽フェスティバルに出演、レコーディング、大使館での演奏、また後進の指導にも力を注いでいる。

関 ますみ ( せき ますみ )

新潟県長岡市出身。15歳よりコントラバスを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業。同研究科修了。
アイルランド国立リムリック大学修士課程にて研鑽を積む。
桐朋学園大学在学中にはチョン・ミョンフン、ロリン・マゼールの各氏指揮のコンサートに出演。また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヤンネ・サクサラ氏のマスタークラスを受講。
これまでに、村上満志、池松宏、ゲイリー・カー、マイケル・ウォルフの各氏に師事。
現在、オーケストラや室内楽、吹奏楽などでフリー奏者として演奏活動を行っている。

加藤 光貴 ( かとう こうき )

8歳よりバイオリンを始める
11歳でルーマニア・オラデアフィルハーモニー管弦楽団と共演。また ルーマニア・ブラショフフィル 、フィンランド・バーサフィル 等とブルッフの協奏曲を共演する。2017年 平安神宮にて今上天皇陛下御誕生日御祝い 菊花の日に奏でる会に出演。第6回 みおつくし音楽祭クラシックコンクール 高校生の部 第1位 金賞 大阪府知事賞。
第8回 岐阜国際音楽コンクール 第2位。
第26・27回 日本クラシック音楽コンクール全国大会に入選。
ロマン派音楽研究会ROMUVEコンサートマスター。
ロマン派音楽研究会ROMUVE内の東京藝大生にて若手クインテットを結成。
これまでに チプリアン マリネスク・杉江洋子・田中美奈・森川ちひろ・浦川宜也 ・玉井菜採の各氏に 師事。リビュー・プルナル氏 オリヴィエ・シャルリエ氏の マスタークラスを受講。
京都市立京都堀川音楽高等学校を経て 現在 東京藝術大学2年に在籍。

高木 彬矢 ( たかぎ あきや )

愛知県名古屋市出身。
4歳よりバイオリンを始める。
愛知県立名古屋西高等学校を経て現在東京音楽大学4年在学中。
2004.2005年 愛知県子供のためのバイオリンコンクールin刈谷 金賞。
2014年 大阪国際コンクール弦楽器部門ファイナル入選。
2014年 日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。
2005年から9年間NHK名古屋青少年交響楽団に在籍。
2015年12月「高円宮記念日韓交流基金」顕彰式典において高円宮久子妃殿下ご臨席のもと献奏を行う。
2017年 日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。
2018年2月 ウィーン国立音楽大学マスタークラスを受講費全額免除で受講。 ディプロマ取得。
これまでにヴァイオリンを野添弥麻美、北垣紀子、清水高師の各氏に師事。現在木野雅之教授に師事。

前田 明日香 ( まえだ あすか )

7歳より洗足音楽大学附属音楽教室にてヴァイオリンを始める。
東京音楽大学付属高等学校卒業、在学中オーディション選抜によるアンサンブル演奏会に出演。
現在東京音楽大学3年器楽科に在学中。齋藤真知亜氏に師事。

上村 由麻

熊本県出身
5歳よりヴァイオリンを始める。
第13回ヴェルデ音楽コンクール優秀賞。
2017年ウィーン国立音楽大学のマスタークラスにてコンクールに選出。
これまでにヴァイオリンを広瀬大喜、広瀬祐子、川瀬麻由美、久保良治の各氏に師事。室内楽を磯村和英、鶴園柴磯子、名倉淑子、漆原啓子、菊池知也の各氏に師事。
現在、桐朋学園大学4年在学。
老人ホームでの訪問演奏や校外のオーケストラなどで活動中。

石井 友里絵 ( いしい ゆりえ )

3歳よりピアノ、6歳よりバイオリンを始める。
武蔵野音楽大学器楽学科卒業。同大学大学院修士課程修了。

在学中、京都国際学生音楽フェスティバルにて各国からの選抜オーケストラに日本選抜として参加。
卒業後は同大学研修員として研鑽を積み、フリーヴァイオリニストとしてジャンルを問わず様々な現場での演奏に携わっている。

ドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」では劇中のヴァイオリン監修を務める。
他にも数々のTVドラマにて俳優への音楽指導や吹き替えを担当。
演奏家としての活動の他、指導者として後進の指導にも力を入れている。

谷野 梨紗 ( たにの りさ )

4歳よりヴァイオリンを始める。
東京音楽大学付属高校、東京音楽大学卒業。
桐朋学園大学研究科修了。
ウィーン国際ゼミナールなど音楽祭参加。
イヴリーギトリス、マスタークラス受講。
同氏らとよこすか芸術劇場にて共演。
村治泉、故 阿部靖、篠崎功子、木野雅之に師事。
現在、フリー奏者としてオーケストラなどで演奏する傍ら、後進の指導にあたる。

織田 美貴子 ( おだ みきこ )

愛知県出身。3歳よりスズキメソードにてヴァイオリンを始め、12歳でその全課程を修了。
2003年 岐阜市芸術祭洋楽の部、第4回新進演奏家コンサートに出演。
05年プラハサマーアカデミーにおいてマスタークラスを受講、及び同アカデミーのファイナルコンサートに出演。
06年 ピアチェーレコンチェルト2006にて、セントラル愛知交響楽団とラロのスペイン交響曲を共演。14年には岐阜国際音楽祭にてメンデルスゾーン Vn協奏曲を共演。
07年に岐阜大学教育学部音楽学科を卒業。
09、10年、アフィニス夏の音楽祭(広島、山形 )に参加。15年、西日本国際音楽コンクール アンサンブル部門にて、西日本新聞会館賞受賞。
2007年~2019年まで約12年にわたり、(公財)札幌交響楽団ヴァイオリン奏者として在籍。
現在はフリーランス奏者としてオーケストラ客演の他に、ソロ、室内楽にも積極的に取り組む。これまでに、故山村晶一、吉野淳子、髙橋律也の各氏に師事。

須藤 晋良 ( すどう しんすけ )

早稲田大学理工学部、
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科弦楽専攻 卒業。

新潟ジャズコンテスト優勝
ユニバーサル・ミュージック所属
メジャー・アーティストや宝塚歌劇団のバッ ク演奏担当。
愛知、大阪、福島、静岡公演等に参加。

小学館発行全国誌「DIME(ダイム)」に演奏取材、掲載される。
阪急・阪神ホテル、ホテル日航東京、ポルシェ、メルセデス・ベンツ等、都内ホテルラウン ジ・レストラン・結婚式場・大手企業パーティでの演奏担当。
楽譜の全国出版も行っており、様々なジャンルの編曲譜が好評を得ている。

松林 俊 ( まつばやし たかし )

幼少よりカワイ音楽教室にて音楽教育を学ぶ。9歳より本格的にヴァイオリンを学び、作曲を手掛ける。
大学オーケストラを皮切りに、以来30年以上にわたって都内を中心とした複数の各オーケストラのコンサートマスター、ゲストコンサートマスターを務める。弦楽アンサンブルのコンサートマスターにも多数在籍。弦楽四重奏団を複数主宰し、ファーストヴァイオリンを担当。ベートーヴェンを中心に数々のコンサートやイベントに参加、好評を得る。
これまでに弦楽アンサンブルを藤原浜雄氏に、室内楽を奥泉貴生氏に師事。
2006年からはニューヨークのシンフォニックオーケストラの日本ツアーに6年間参加。新日本フィルのメンバーとの室内楽にも出演。
多数の都内各オーケストラの定期公演、大学や市民オーケストラにも通年連続して参加しており、莫大な数のオーケストラ作品・室内楽作品に通暁している。

恒吉 泰侑 ( つなよし やすゆき )

日本大学芸術学部音楽学科弦管打楽コース ヴァイオリン専攻4年在学中、同大学院に進学予定。3歳より鈴木メソードでヴァイオリンを始める。
12歳で鈴木メソード全課程を卒業。品川弦楽団に所属中、15歳のときにドイツ、オランダの演奏旅行に招待され、コンセルトヘボウで演奏。
大学にて、ソロ、室内楽などで多数の選抜コンサートに出演。
これまでにヴァイオリンを印田礼二、井上淑子に師事。

このみ 美希 ( このみ みき )

3歳よりクラシックヴァイオリンをはじめ、15歳時宮日音楽コンクール優秀賞受賞。他学科受験の為17歳~2年間ヴァイオリンから離れるが、再開。
桐朋学園芸術短期大学音楽科ヴァイオリン専攻卒業。
オーストリア・ザルツブルク、モーツァルティウム音楽院、アメリカ・ボストン バークリー音楽院JAZZストリングスのサマープログラム参加。
オーケストラ、レコーディングやライブ、TVなど多数のアーティストサポート等の活動の傍ら、作・編曲、自身主宰の演奏活動も行っている。
ファーストアルバムがタワレコメンに選ばれたJ-POPユニットルルルルズのメンバー。
浜崎あゆみアリーナ全国ツアー~POWER OF MUSIC 2011~参加。
共演者には矢沢永吉ドームライブ、AKB48ドームライブ、レミオロメン、平原綾香CM収録、上杉昇(元WANDS.カルテットで演奏)他多数。JTB主催イベントでホテルオークラやニューオータニはじめとした都内20ヶ所ほどのホテルでロビー演奏。

田中 咲 ( たなか さき )

4歳よりヴァイオリンを始める。
10歳よりオーケストラ等に演奏参加する。
第10回都響とティーンズのためのジョイントコンサートに参加。
第22回日本クラシック音楽コンクール・予選に合格。
東京国際芸術協会主催、平成26年度海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディションにて受講費全額助成認定。

平成28年室内楽公開レッスンに学校から選抜されオリヴィエ,ダーベライ氏のレッスンを受講。
またプロの方々と演奏するオラトリオに出演。

これまでに、久保由佳子、古賀真美子、渡辺弘子、左近協子、糸井マキの各氏に師事。
都立総合芸術高校音楽科を経て、桜美林大学音楽専修(ヴァイオリン専攻)在学中。

音楽豆知識一覧