ドラム

横畠 亮 ( よこばたけ りょう )

北海道旭川市出身
15歳からドラムを始める
大学卒業後、2008年4月 音楽学校メーザーハウス入学
見砂和照、菅沼孝三の両氏に師事
在学中、校内の発表会で個人賞を受賞する
2010年3月 同校卒業
メーザーハウス卒業後、Ino hidefumi groupにライヴ、ツアー、レコーディングに参加
同バンドを通じて、鈴木茂( ex. はっぴ いえんど)、藤原ヒロシらと共演

2015年 音楽学校メーザーハウス高等部ドラム科講師就任
アーティストサポートや自己のバンドでも活動中

日隈 尚道 ( ひぐま なおみち )

高校 1年生でバンドを組み、地方のドラム教室でドラムを習う。
大学在学中にバンドコンテストでグランプリ(約 300バンド中)を獲得し CDデビューを果たす。
2005~ 2010年まで音楽事務所に所属し全国流通でシングル 2枚を全国リリース。
また SHIBUYA-AX等ツアーを含め年間 100本以上の LIVEを行う。
2010年のバンド解散後はサポートドラマーとして様々なバンドの LIVE、ツアーに同行。
現在活動中のバンドでは自身が作詞作曲を多く手掛け、ホール等の大規模での LIVEイベントも行っており、幅広く音楽活動を行っている。

白川 玄大 ( しらかわ げんた )

高校在学中にドラムを始め、卒業後プロとして活動。
ドラムを高田真氏に、アンサンブルを宮下智氏に師事。その後、様々なバンドを経て、サポートミュージシャンとしての活動を始める。現在はバンド「ミラクルチンパンジー」の活動の他、様々なアーティストのライブ、レコーディング、TV、MV等のサポートやインストラクター、セッションミュージシャンとして多岐にわたり活動中。自身の活動と並行して講師としてのキャリアもスタート。
タイトな打ち込み系、同期ありの演奏からロックなバンドサウンド、ファンク、ラテン、ジャズなどの様々な音楽サウンドに精通し、独自の世界観でそのスタイルを確立。「歌いやすいドラム」と定評がある。

近年の主な仕事。
遊助(Recording)
Rihwa(LIVE,MV,TV)
今井麻美(LIVE,Recording.MV)
原由実(LIVE,Recording)
内田彩(Recording)
伊勢大貴(Recording)
まきちゃんぐ(Recording)
ゲーム音楽Recording(世界樹の迷宮,大乱闘スマッシュブラザーズ,etc…)
etc…

井上 貴史 ( いのうえ たかし )

16歳でアメリカに移住して以来、現地の高校在学中よりプロとして活動する。
アメリカ、カリフォルニア州のロサンゼルスの大学在学中よりTOTOのオリジナルドラマーのジェフ・ポーカロの父、ジョー・ポーカロ氏に師事。

アメリカ国内では、様々なレコーディング、ツアー(アメリカ最大の音楽フェスティバル、SXSWーサウス・バイ・サウス・ウエストー等)に参加し、教職面では、現地の小中学校の音楽科でドラム講師を務めた。

日本では、最近ロックの殿堂入りを果たした、ザ・ベンチャーズのリードギタリスト、ノーキー・エドワーズのバックドラマーである。

2006年には、「実力派歌手入門」(音楽之友社)などの著者、EDD有川がヴォーカルとして参加するジャズライブ「BREEZE AT CALIFORNIA BAY」を沖縄を代表するジャズ・ピアニスト屋良文雄と、自身が所属するカリフォルニアの名門ジャズオーケストラ、Citrus College "Blue Note Swing Orchestra"のピックアップメンバーによるスペシャル・ツアーを日本で遂行。

2009年にアメリカ最大のバンド・コンペティション、Emergenza Music Festival in America(イマージェンザ・音楽・フェスティバル)で、ハウス・オブ・ブルースやキー・クラブ、ロキシー、ウイスキー・ア・ゴーゴーなどのハリウッド有名クラブを基点に活動する自己のファンク/ポップ/ジャズ系バンドが準優勝。2009年よりロサンゼルスのスタジオサックスプレイヤーのロン・ブラウンのライブドラマーを務める。
そして、自身がレコーディングに参加した、ロサンゼルスで活動するベーシスト/コンポーザー、稲葉千恵のファーストアルバム"Parallel To The Wind"が、スムースジャズ部門で第1位を獲得。帰国後も精力的に活動を続ける。

櫻井 陽祐 ( さくらい ようすけ )

10歳の頃に教会でのゴスペル演奏をする機会からドラムを始める。
後に山田達也氏と出会い師事。
グルーブと歌心を念頭に置きアーティスト、バンドに寄り添いレコーディング、ライブ、MV等のサポートミュージシャンとして活動。

共演するアーティストの中には日本を代表する女性サックスプレイヤー藤野美由紀氏や
機動武闘伝Gガンダムでの主題歌を歌う井上武英氏など、メジャーアーティストや有名プレイヤーと多数共演。
歌心を込めて日々音楽と向き合い、精力的に活動している。
work
・藤野美由紀
・井上武英
・桑村逹人
・hiddy(ex.Draft King)
・大野舞
・大西真由
・都志見久美子
and more...

深山 功吉 ( みやま こうきち )

1999年生まれ
小学3年より某音楽教室でジュニアドラムを習い始める
中学1年より大人のドラム教室に転科
高校時代よりロックポップスをメインにサポート活動を開始
専門学校に進学し、ジャズ科を選択
在学中は学校でジャズやラテンを学ぶ傍らR&BやFunkのセッションを巡り、セッションホストとしての活動をするようになる。
後にリーダーセッションやリーダーライブなどを年20回以上開催。リーダーではないセッションホストだと年間50回を超える。
また、ポップスなどのサポートミュージシャンとしても活動し自身のバンドも持つ。
専門学校を卒業後もミュージシャンとして活動を続けており、ドラマーのみならずトラックメイカーやドラムテクニシャンと活動の幅を広げ続けている。

大森 竣介 ( おおもり しゅんすけ )

茨城県日立市出身 小学校と中学校で吹奏楽部に所属し、リズム感と基礎的なスティックコ ントロールを習得する。
14歳の時に初めてドラムセットに触れる。 高校でバンドを結成し、ライブハウスのバンドコンテストで優勝を勝ち 取る。
CD3枚を製作したのちに解散し、その後はポップからメタルコア まで様々なジャンルのバンドでドラムを担当する。
現在、東京藝術大学音楽環境創造科で音響について学ぶ傍、バンド活動 や他科の奏者との演奏会、さらには作品の製作に携わるなど、幅広活動している。録音、編集についての知識も豊富である。

長嶋 貴人 ( ながしま たかと )

5歳でクラシックピアノを始め15歳でドラムと出会う。
洗足学園音楽大学R&P科に入学し、科の「特別技能者選抜者」に選ばれる。
20歳からプロ活動を始め、自身初のホールツアーを経験する。
現在はライブだけではなく、様々なアーティストのレコーディング、TV収録等にも参加
し、楽曲と歌に寄り添うプレイで活動の幅を広げている。
ライブ
・秋山黄色・入野自由・コレサワ・さめざめ・・ヒグチアイ・前川清・水谷果穂・
惑星アブノーマル・sooogood! 等
レコーディング
・秋山黄色・石原夏織・入野自由・楠木ともり・コレサワ・さめざめ・ヒグチア
イ・惑星アブノーマル ・sooogood! 等
TV、MV
・菅田将暉・水谷果穂・TAKAHIRO(EXILE) 等
以上敬称略

高松 築 ( たかまつ きずく )

北海道札幌市のドラム教室にて、8歳の頃からドラムを始める。
中学生時代は吹奏楽部でパーカッションを担当し、札幌交響楽団パーカッショニストに師事。
大学入学に際して上京し、水樹奈々やLiSAのレコーディングメンバーとして活躍している山内"masshoi"優氏に師事。アニソン、メタル、ロック、フュージョン、などの技術を幅広く学び、特にツーバステクニックやハイスピードな演奏を得意としている。
また、大学受験向けの講師の経験や、多くのアーティストに師事した経験から、体系的でわかりやすいレッスンに定評があり、レッスン中だけではなく生徒さんの個人練習の効率化まで見据えたレッスンを展開している。

大村 和幸 ( おおむら かずゆき )

東京都出身。14歳からドラムを独学で始め、現役のドラマーとして活動している。
日本のゴスペルチョッパーこと、FUYUに師事。POPSを軸にファンクやR&B、ゴスペル、JAZZ、フュージョンなどを得意とする。

2010年にアイドルグループのボーカルリストやメジャーアーティストのレコーディング、サポートを務める。
アメリカ•アナハイムにて行われた世界一の楽器ショー NAMMSHOWへ参加。
2013年、渡米し本場の音楽を生で勉強する。
2016年、EXILE THE SECONDにドラマーとして参加。
自身のバンドでの曲が映画の主題歌に抜擢されるなど、精力的に活動している。

内藤 典雄 ( ないとう のりお )

東京生まれ、7歳の頃より鼓笛マーチングバンドに所属し
音楽の基礎や、打楽器のテクニックを学ぶ。
高校生時代に初めてドラムセットに触れ、それ以来いくつものバンドを経験し
ツアーサポート、レコーディングサポート、ジャンルもジャズからハードコアまで幅広く経験。
バークリー音大卒講師 菅野吉也氏に師事。
その後、モーラー奏法普及プロジェクト参加講師 山背弘氏に師事し同氏のレッスンのサポートもしつつ自分でもスクールを運営。
自身のバンドにて全国ツアーや、CDリリース等、精力的に活動も、人気アーティストに関わる一流ミュージシャンの方達との共演経験もあり。

音楽豆知識一覧

Menu

おすすめコース

 

東京、新宿、池袋、渋谷で自分に合った音楽教室に通おう!!

世の中には、数え切れないくらい音楽教室があり、どれを選んだら良いか迷いますよね。東京、新宿、池袋、渋谷で音楽教室をお探しなら、豊富なレッスン内容を行っているPlumeria MusicSchoolなら、自分の希望するレッスンがきっと見つかるはずです。ここでは、Plumeria MusicSchoolで行っているレッスン内容を抜粋し、魅力をお伝えます。

幼児期に音楽教室が習い事で人気の理由について

幼児期に音楽教室が習い事で人気の理由は、脳の活性化に繋がるからです。就学以前の教育では脳の発育がとても大事にされています。幼少の脳教育では、バランス良く右脳・左脳も鍛えてあげる事が重要なポイントです。右脳と左脳は、それぞれ得意分野が異なりますが、一方だけを鍛えても考え方の応用力が欠如いてしまい、偏った思考になりがちになってしまうのです。なので、バランス良く幼児期に脳を鍛える事が重要で、それには聴覚が最適と言われています。幼少期に聞く力が発達している子は、脳が順調に成長する傾向にあると言われており、聞く力を支える担う脳は左右にあるのです。なので、注意して聴く行為が、実は子供の脳を育み、自ずと右脳・左脳の両方の成長に繋がると言われています。

大人が音楽教室へ通う魅力について

昨今、大人の音楽教室がブームになっています。その理由は、子供の頃にピアノやバイオリンなど、音楽を習った経験がある方、習ってみたいと思いつつきっかけが無かった方などが、大人になって音楽を習い始めているからです。大人と言っても、年齢別に見ると30代~40代を中心にブームとなっていますが上は80歳の年配者までと、幅広い年齢層の方が音楽教室に現代では通っています。そして、6割以上が大人になってから初レッスンと言う方ばかりです。時間的な余裕と言うより、金銭的・経済的な余裕が高齢になってでき、自分の楽しみを持った方が増えた事が理由です。家と会社の往復でなく、仕事以外の楽しみや趣味を持つ事で、より自分の人生を豊かにしていく事で、日常生活の過ごし方も変わってくるものです。さらに、昔までは決まった曜日・時間のレッスンでしたが、もっと自由なスタイルの音楽教室が増えています。

ギターレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でギターレッスンを習うメリット

独学では学べない知識や技術の習得

ギターレッスンは、生徒のレベルによって内容は違ってきます。例えば、初心者ならばギターの持ち方やチューニング方法から教わり、ストローク、運指、TAB譜の読み方などを理解していきます。一見、自分でもこなす事ができそうな内容と思うかも知れませんが、ギターの最初の難関でもあります。自分の弱点を指摘してくれたり、教材や動画があったりすれば良いかも知れませんが、残念ながらそのような便利アイテムはありません。

自分の弱点を無視してギター曲に取り組んでも、いつまで経ってもスキル上達できず、挫折してしまう事にも繋がります。ですが、Plumeria Music Schoolでは、あなたの弱点に一番に気付き、コツや対処法などを指導していきます。

また、ギター中級以上の方であれば、今より一層効率的な弾き方や音の作り方など、テクニックを教わる事もできるので、自分が奏でるギターの音色にプラスαの演奏技術を加えていく事ができます。Plumeria Music Schoolの生徒の中には、現役で音楽活動をしている方もおり、プロとして知識や技術を磨いていける事も大きなメリットです。

大人からでも上達する事ができる

音楽教室と聞くと、子供が通うイメージが強いかもしれませんが、実は、決してそんな事はありません。初心者でも経験者でも、子供から大人まで幅広い年齢層の方がギターを習っています。個人レッスンなので、落ち着いた環境でギターレッスンに励む事ができます。また、ギターレッスンでは、ギターの基礎から学ぶ事ができるので、年齢は関係無くしっかりスキル上達できます。さらに、マンツーマンレッスンであれば、自分の今のギタースキルに合わせ、講師がレッスンします。なので、演奏スキルの上達スピードは一層早くなます。自分の自由時間をギターレッスンに充て、ギター演奏の一歩を踏み出す事ができます。

間違いを直ぐ修正できる為上達が早い

ギターレッスンでは、講師が自分のギタースキルを見て、その場で間違いをしっかり指摘します。なので、変な演奏の癖がついたり、間違ったまま覚えてしまったり、このようなリスクを無くす事ができます。ギターの知識や技術を間違ったまま覚える事は、どこかで必ず躓く原因になります。なので、直ぐに間違った箇所を修正できる事は、スキルを磨いていく上では大きなメリットです。また、演奏中に自分の間違いに気付く事も難しい事です。しかし、しっかり指摘してくれる人がいる中でレッスンを積む事で、自分の間違いや弱点にちゃんと気付く耳を持つ事ができます。このように、ギターレッスンは、独学よりも上達スピードが何倍も早くなります。

ボーカルレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でボイトレッスンを習うメリット

初心者でも確実にスキル上達できる

ボイスレッスンでは、音楽のプロである講師が指導します。なので、歌う事に関しての正しい知識を身に付ける事ができます。レッスン中には、講師が生徒のお手本として歌ってくれる事もあり、正しい発声・音程・リズムなどを理解する事ができます。なので、自分が分からない部分をその場でしっかり質問する事できるのもメリットです。

また、生徒のレベルに合わせた指導を行うので、呼吸法や発声法など丁寧に教えていきます。基礎がなければ歌唱力はアップしないので、基礎を磨きレッスンが行われています。上達していく事で、歌唱力や表現力も磨いていくレッスンになっていきます。音楽経験のある講師なので、教則本では得られないテクニックを習得する事もできます。ボイスレッスンでは、初心者が確実にスキルアップでき、上達スピードもが早くなります。

プロを目指す事ができる

例えば、歌う事に自信のある方でも、ボイスレッスンに通うメリットは沢山あります。将来、プロ歌手になりたい場合、今から歌う基礎を身に付けておく事で、自分の歌に磨きをかけていく事ができます。また、オーディション用の歌の練習など、本格的なレッスンで技術を学ぶ事ができます。

自分と志が同じな音楽仲間ができる

ボイスレッスンに通う事で、歌が上手くなる事はもちろん、音楽を通して知り合いや友人が増える事もメリットです。自分に新たな出会いができるので、同じスクール内でバンドを結成するケースもあります。また、音楽イベントも開催されるので、発表会、ライブ、親睦会などで、仲間と親交を深める事もできます。

ピアノレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でピアノを習うメリット

両手で弾く事で脳の活性化に繋がる

ピアノを弾く時には、目で楽譜を追い、リズムと音程を把握しますよね。左手は伴奏を、右手ではメロディーを奏でます。また、曲想記号を見て音に強弱を付けた弾き方をしたり、ペダルで音を響かせたり、色々な技術を演奏中には取り入れています。ピアノはこれらの動きを同時に行いながら、一つの曲を演奏していますね。この時、脳は視覚から情報を取り入れ、読み取った情報をアウトプットするよう指令を出しています。これを続ける事によって、実は、脳の活性化が期待できるのです。

もちろん、ピアノ初心者で一度にこのレベルまではできませんが、楽譜を目で追う、音階を声に出して読む、リズムを叩くなどを行う事で、脳の活性化が促されます。例えば、右手のみ鍵盤で弾く、慣れてきたら両手弾くなど、にステップを踏んで形付ける事で、指も柔軟に動くようになっていきます。ピアノの鍵盤と言うのは、ある程度の重みがありますよね。なので、鍵盤を叩くだけでも指先の運動になっており、脳の活性化を促す事に繋がっています。

ピアノの音色でリラックス効果

ピアノの音色と言うのは、柔らかくて音程が正しく調律された音です。なので、音を聴くだけでも綺麗や可愛いなど、音に対する雰囲気を感じ取る事ができますよね。プロのピアノ奏を聞くと、キラキラした音、重い感じ、調和的など、メロディーから音楽の雰囲気や曲の背景を想像する事ができます。このように、曲の雰囲気を想像したり、曲の背景を感じ取ろうしたりとする、気持ちが穏やかになってリラックスする事ができます。有名な音楽家であるモーツァルトやシベリウスの曲は、リラックスできる曲とし様々なシーンで紹介されていますよね。

達成感を味わう事でポジティブ思考になる

ピアノレッスンでは、例えどんなに簡単な曲であっても、目標を達成すれば講師が楽譜に大きな花マルを付けてくれますよね。自分でもピアノ曲が弾けた達成感が得られる事で、次の曲への演奏意欲にも繋がります。なので、難しい曲でもモチベーション上がって、ピアノを弾く時間を楽しく感じるようになるものです。もちろん、スランプに陥ったり、苦手な奏法の壁を感じたりする事もありますが、達成感は自分の中にポジティブ思考を生み出してくれます。このように、ポジティブ思考はピアノだけでなく、色々な生活面においても乗り切る力となります。また、ピアノ演奏は自分の特技や自信にも繋がります。ネガティブな一面を打開するきっかけになる事もあります。直ぐに思考が切り替わると言う事ではありませんが、ピアノを続ける事やレッスンを重ねていく事で、徐々にポジティブに気持ちが変わっていきます。

ミュージカル歌唱レッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷ミュージカル歌唱を習うメリット

歌唱力を磨くことができる

ミュージカル歌唱レッスンを習う事で、歌唱力がアップさせる事ができます。ミュージカル歌唱なので、ポップスやロックなどの歌唱力ではなく、全ての基礎となる呼吸法や発声法をはじめ、肉声で空間に響かす歌唱力を身に付けていく事ができます。しかし、いくらミュージカル歌唱レッスンを習っていても、自己練習を怠ってしまえば、当然、歌唱力のスキルは伸びないので継続して行う事で、自分のスキルとして、技術を歌唱の際にも活かす事ができます。

言葉の発音スキルを磨く事ができる

ミュージカル歌唱の歌には歌詞が付いていますよね。言葉の発音や言霊を大切にして歌うのがミュージカル歌唱です。さらに、肉声でもって、言葉をメロディーに乗せ、聴き手に届ける事になります。なので、安定した呼吸に支えられた言葉の発音が大切になってきます。いい加減な発音や不安定な発音では、聴き手に届かない歌唱になってしまいます。このように、ミュージカル歌唱では、言葉の発音にも気を遣いながら歌を歌う事を習う為、自分の発音スキルも磨く事ができます。

正しいトレーニング方法を指導してもらえる

ミュージカル歌唱レッスンに通う事で、プロから正しく指導してもらえます。確かに、インターネットや教本にも、歌唱のトレーニング方法は載っていますが、正しく実践できているかどうかは別問題です。歌う為の姿勢が間違っていたり、喉に負担をかけてしまっていたり、自分では気付く事のできない事は沢山あります。しかし、ミュージカル歌唱レッスンであれば、正しいトレーニング方法をしっかり教えてくれるので、着実にスキルをアップしていく事ができます。

モチベーション維持に繋がる

定期的にミュージカル歌唱レッスンに通う事で、モチベーション維持にも繋がります。例えば、自分で「毎日歌唱レーニングするぞ」と意気込んでも、怠ってしまう事はありませんか?その点、レッスンに通えば、自分の課題も明確になるので向上心にも繋がり、上達しようと思う気持ちも高まります。定期的にプロのサポートを受けながら練習する事で、しっかり自分と向き合い、スキルを磨いていく事ができますよね。

まとめ

ここでは、東京、新宿、池袋、渋谷で、ギター、ボーカルレッスン、ピアノ、ミュージカルのレッスンへ通う魅力をお届けしてきましたが、いかがでしたか?レッスンに行くべきか悩んでいるようであれば、体験レッスンや見学に来て、実際に見てみる事もできます。Plumeria Music Schoolは、東京、新宿、池袋、渋谷エリアにスクールがあり、幅広いニーズの方が様々な音楽を楽しく真剣に学ぶ事ができる音楽教室です。是非、気になる音楽ジャンルがある際には、Plumeria Music Schoolで音楽を始めてみませんか?