川原 泰子 ( かわはら やすこ )

川原 泰子
東京学芸大学大学院音楽コース声楽専攻修了後、渡伊。シエナ音楽院オペラ科修士課程を首席にて修了。フィレンツェ音楽アカデミーバロック声楽コース、通奏低音コース修了。2016年度キジアーナ音楽院夏期国際マスタークラスにてオーディション通過、修了。
これまでにオペラでは、W.A.モーツァルト作曲「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ役、G.ヴェルディ作曲「椿姫」ヴィオレッタ役、W.A.モーツァルト作曲「フィガロの結婚」バルバリーナ役、G.ドニゼッティ作曲「愛の妙薬」ジャンネッタ役等にて出演。
また教会音楽では、サンタマリアノヴェッラ教会にてW.A.モーツァルト作曲モテット「踊れ、喜べ、幸いな魂よ」ソリストにてオーケストラ共演、キジアーナ音楽院コンサート企画 O.レスピーギ作曲カンタータ「降誕祭のためのラウダ」ソプラノ・ソロにてオーケストラ共演。
また、プッチーニのオペラの基盤となった舞台作家D.ベラスコの作品「蝶々夫人」では、イタリア語劇にてタイトルロールを務める。
現在、声楽講師、イタリア語講師、リトミック講師として活躍中。




~講師より~ 
音楽大学受験準備、留学準備はもちろん、初心者の方や趣味でオペラを勉強される方にも、丁寧で分かりやすい、安心して楽しくレッスンすることを心がけております。ぜひ一度、体験レッスンでご体感ください。 

音楽豆知識一覧

Menu