柳田 茄那子 ( やなぎだ かなこ )

柳田 茄那子
【経歴】
2歳2ヶ月より才能教育スズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、2009年に東京芸術大学音楽学部に入学。これまでに、小川有紀子、山崎貴子、ジェラール・プーレ、オレグ・クリサ、澤和樹、ジョルシュ・パウク各氏に師事、室内楽をジョー・コール、マイケル・デュセク他に師事
2010年に渡英し、2014年英国王立音楽院音楽学部を1st Classで卒業。
その後同大学院に進学し、2016年マスターを最優秀で卒業、RAM Diplomaを授与される。
過去、11歳で第55回全日本学生音楽コンクール小学生の部東京大会第1位。
2004年第58回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部第2位。
英国湖水地方音楽祭、ロンドンマスタークラスに参加。
2008年東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校の代表に選出され、第4回国立音楽大学附属音楽高等学校による招待演奏会にて演奏。
2009年第78回日本音楽コンクールヴァイオリン部門入選。
東京藝術大学1年在学中に福島育英会より2010年度『福島賞』を受賞。
2010年9月英国王立音楽院音楽学部にスカラシップを得て留学。
在籍中にJ.Water House Award、DM Lloyd Awardなど多数受賞。

【活動】
室内楽ではEagle Trioのメンバーとして活動。
在英中、セナートハウス、ケンブリッシ・マスターズロッジ等、英国内でコンサート活動を行う。2013年ロイヤルアカデミーオーケストラと共演。
また学内では、 マキシム・ヴェンゲーロフ、ニン・フェン、Owen Trio他の公開マスタークラスを受講。
2015年ケンブリッジインターナショナルストリングアカデミーに参加しロドニー・フレンド、堀米ゆず子他に指導を受ける。
2017年4月に銀座王子ホールにて帰国記念リサイタルを開催し好評を得る。
また同年11月東京芸術劇場にて東京ニューシティ管弦楽団定期公演にソリスト共演他、過去東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団他と共演。
2018年9月よりサントリー室内楽アカデミーのフェローに合格し、TRIO MUSICAのメンバーとして活動中。
公益社団法人日本演奏連盟会員。



~講師より~
過去に音高、音大の受験生を見ていた経験があります。もちろん、小さなお子様も歓迎です。   基礎の部分は、ヴァイオリンを続けていく上で1番大切な部分であると思いますので、自分の様々な経験からお伝え出来ることがあると思います。
また演奏時の身体の使い方、故障などを起こさないような身体意識を海外で学んだアレクサンダーテクニックやピラティスなどの知識もふまえ、お教え出来たらと思っております。
皆さんの音楽のお助けが出来ること、大変楽しみにしております。よろしくお願い致します。

 

音楽豆知識一覧