大森 竣介 ( おおもり しゅんすけ )

大森 竣介
茨城県日立市出身 小学校と中学校で吹奏楽部に所属し、リズム感と基礎的なスティックコ ントロールを習得する。
14歳の時に初めてドラムセットに触れる。 高校でバンドを結成し、ライブハウスのバンドコンテストで優勝を勝ち 取る。
CD3枚を製作したのちに解散し、その後はポップからメタルコア まで様々なジャンルのバンドでドラムを担当する。
現在、東京藝術大学音楽環境創造科で音響について学ぶ傍、バンド活動 や他科の奏者との演奏会、さらには作品の製作に携わるなど、幅広活動している。録音、編集についての知識も豊富である。




~講師より~

ドラムスは四肢を別々に動かす楽器なので一見難しく感じるかもしれません。ですが一つ 一つの動きをバラバラに捉えるのではなく、「一つの楽器」として体に動きを染み込ませ ることで自然なビートを刻めるようになります。ドラムスを叩く上で基礎的なリズム練習 も大事ですが、私がより大事だと考えているのは曲の「ノリ」を掴むことです。
一度ノリ を掴んでしまえばより自然に体が動くようになります。どのように掴むのかはイメージが つきにくいかもしれませんが、私が丁寧にお教えしますので安心してください。
そして何 より大事なのは楽しむ心です。楽しんで練習ができるように努めますので、やってみたい ことがあればどんどん私に教えてください。
これからどうぞよろしくお願いします。

音楽豆知識一覧