加藤 菜生 ( かとう なお )

加藤 菜生
3歳よりチェロを始める。
2004年より佐渡裕氏率いるスーパーキッズ・オーケストラに所属。
2006年 KOBE国際学生音楽コンクール弦楽器部門優秀賞。
2007年 泉の森ジュニアチェロコンクール中学校部門銅賞。
びわ湖シンフォニーホールにて京都市交響楽団と共演。
2008年  日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会入選。
2009年  アスペン ミュージック スクール(アメリカ・コロラド州)に参加。
マイケル・マーメーガン氏に師事。
2009-2013年 京都フランス音楽アカデミーに参加。
2010年 泉の森ジュニアチェロコンクール高校生部門奨励賞。
音楽への道CEM企画による「キオスクコンサート」に出演。
姫路・パルナソスホール「フレッシュコンサート2010」に出演。
日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会第2位。
2012年 横浜国際音楽コンクール入選。
2013年 第4回、コンコルソ ムジカアルテ 金賞。
フランスへ留学。
2014年 パリ地方音楽院にてDEM(ディプロム)取得。
 
現在、東京藝術大学院音楽学部在学中。

~講師より~

はじめまして!

チェロという楽器に少しでも興味をお持ち頂きまして、有難うございます。

 

皆さんはチェロという楽器にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

まずは、サン=サーンスの「白鳥」という名曲を思い起こされる方も多いのではないでしょうか。

優雅さと癒しを感じられることと思います。それもそのはず、チェロの音色は人間の声に一番近いのですから。一方、地味な楽器と勘違いされつつ、実は他の楽器を支える中心的存在なのです。まだまだ、チェロの魅力はたくさんあります。あたなにとっての魅力を、勉強しながら探していきませんか。

 

練習時間がうまくとれない人、練習嫌いな人、どんな状況であろうと、まずは始めてみてください。

 

一緒にお勉強できるのを、楽しみにしています。

 

 

 

音楽豆知識一覧

Menu