【コラール一番】作曲:彦坂恭人

2018/11/12

自分なりに作った「旋法」を元に作られたもの。
やはりシステムやコンセプトは消化するものであって、そこから出てきた最後のモノが「音楽」なのだとつくづく思います。

武満徹の創作の中には明らかに「リディアン・クロマティック・コンセプト」の影響が見て取れますが、私が驚いたのは彼はそこからまた独自の発展を遂げているところなのです。
色んな物がまぜこぜ。

 
文責:彦坂

音楽豆知識一覧

Menu