【音楽分析】ギリシャ旋法から現代音楽まで

2018/11/07

最近「音楽の原理」という8,000円もする本がアルテスパブリッシングから発刊されたが、著者はこの書籍にもしっかり目を通して居たようだ(参考文献より)。

類書に見ない「調性」に関しての鋭い洞察や、12世紀にまで遡り、音楽に関してこれだけ知的刺激に満ち溢れ簡潔にまとめた本はそうそうお目にかかれない(但し、形式に関しての言及は少ない)。





(著者略歴)
ジャック・シャイエ(仏/1910-1999)
音楽学者・作曲家。
ヴァイオリニストの父とピアニストの母のあいだに生まれる。
国立高等音楽院でナディア・ブーランジェらに師事。のちに国立高等音楽院およびパリ第四大学(ソルボンヌ)の教授を歴任。


文責:彦坂


 

音楽豆知識一覧

Menu