映画「鑑定士と顔のない依頼人」

2020/04/19

コロナウィルス感染拡大で外出自粛されていらっしゃることと思います。
そんな中、是非、みなさんに観ていただきたいお勧め映画のご紹介です!

La migliore offerta(2016)

監督・脚本=ジュゼッペ・トルナトーレ...
出演:ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・フークス(英語版)、ドナルド・サザーランド
音楽:エンニオ・モリコーネ
撮影:ファビオ・ザマリオン

恐ろしい映画です。

巨匠というのは歳を取ると自分の世界に入り込んだりする傾向にあるように思いますが、トルナトーレは別格です。

天才的な美術鑑定士にして詐欺師のヴァージルが、「顔を見せない」お屋敷の女性依頼人にどんどん夢中になっていく。

彼は女性恐怖症で、名画の美女しか愛せなかったのにも関わらず、ミステリアスで若い依頼者に興味を持ち遂には惚れ、その美しい肢体を盗み見てしまう。

「広場恐怖症」で外に出たことがないという女性は気性も不安定だが、その「歪つさ」に彼は自己を重ね合わせてしまう。

仕事も疎かになり、どんどん彼女の「女性性(それは演技も含め)」に引き込まれていく彼に何故か次々と不可解なことが起こり始める。
周囲の信頼していた仲間があまりにも彼と彼女のことを知悉しており、物事がスムーズに進みすぎるのである。

彼女との愛を育み到頭、結婚まで決意した途端に幻の様に彼の周囲の人間は消え失せ、彼の精神は崩壊する。
「贋作にも真実が存在する」と信じていた彼には厳しい現実と真実であった。

モリコーネの音楽は相変わらず優しく、愚かな老人を包み込んでいる。

トルナトーレの会心の一作。

 




文責:彦坂


音楽豆知識一覧