楽譜
新曲視唱については聴音のところでも説明がありますので、
ここでは音楽高校・音楽大学受験の必須試験科目としての上達法を紹介します。

【試験方法】
出題された初見の楽譜を決まった時間内で読譜し、その通りに音程正しく歌う。
試験では、頭の音をピアノでもらえるので、それを聞いた後に歌い始めます。
正しい音程・リズムで歌えているかどうかが試されます。
大学によっては強弱記号・アーティキュレーション(スラーやスタッカートなど)も記載されます。
その場合は記号のとおりに表現しなければいけません。
また難関音楽大学では歌唱譜と並んで別のリズム譜があります。歌いながら手でリズム奏をしなければなりません。
大学や専攻によっては伴奏つきの場合もありますが、基本は無伴奏で、楽譜のとおりドレミで歌います。(階名ではなく、音名で歌唱)
【練習方法】
基本は全訳コールユーブンゲンがとても役に立ちます。
コールユーブンゲンの練習は「新曲」と言う意味では実用的ではありませんが、この本を使い歌い込むことでリズムのとり方や難しい音程のとり方を覚えていきます。
コールユーブンゲンで正しいリズム・音程で歌えるようにしながら、新曲視唱に進むとよいでしょう。
 
【上達ポイント】
視唱の練習をある程度すすめていくと、苦手なパターンがわかってくると思います。
特定の跳躍する音程のところや、シャープやフラットが突然出てくる場合など・・・
どうしても似たようなところでつまずいてしまう場合には、そのパターンだけを抜き出して練習することも大切です。
「パターンを体で覚える」ことで、応用がきくようになります。
さらに重要なこととして歌い始めたら常に次の小節を見ること。これは視唱に限らず、初見奏の読譜においても基本となります。
 
しかし自分で歌っている音が正確な音程かどうかは、自分では分かりかねるところがこの新曲視唱の難しいところです。絶対音感をもつ講師と共に練習を重ねていくことが何よりの近道となるのです。

 

主要スタジオ    ※下記以外にも対応スタジオがあります

詳細はアクセスページ、もしくはお問い合わせください。

新宿教室:新宿オトレン 
ルート案内

160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6 2

都営新宿線・副都心線・丸ノ内線「新宿三丁目」駅C8出口から徒歩3分
①地下鉄の駅の改札を出たらC8出口の表示を目指しお進み下さい。
②地下通路の突き当りにある「ビックスビル」という建物の中にお入り下さい。
③ビックスビルの中のエスカレーターを上りきった正面の自動ドアから外へ出ます。
④出てすぐの左の脇道に入ります。
⑤歩道に出たら左折して、駐車場を左手に直進します。
⑥東京三協信用金庫を通過し、その先にある横断歩道を渡ります。
⑦道を挟んで右手側にはローソンが見えてきました。
⑧ローソンの向かいの第二早川屋ビルの2Fがオトレンの受付です。

ャンソンコースは新宿教室のみ

新宿教室では全てのコース受講が可能!

ピアノ部屋が豊富


 

 

渋谷教室:三浦ピアノスタジオ  ルート案内

150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-6 3

渋谷駅各線:11番出口より徒歩2
地下鉄より
①11番
出口を出たら、Uターンします。
②すぐ先に大きな交差点(宮益坂下交差点)を左折します。
③『EXCELSIOR CAFFE』さんを左折します。
④左側の3軒目、青い看板が目印、スタジオです。

JRより
①ハチ公広場に出たら駅を背にして右を見るとJRの高架線(ガード)や、右隅には交番が見えます。
②ガードをくぐった先に、大きな交差点
(宮益坂下交差点)があります。このまままっすぐ青山方面に宮益坂を行きます。
③向かって右角に『りそな銀行』さん、左角にパン屋『BOUL'ANGE』さんが見えます。パン屋さん側に横断歩道を渡ります。
④パン屋さんを左手に坂道を上ります。

⑤『EXCELSIOR CAFFE』さんを左折します。
⑥左側の3軒目、青い看板が目印、スタジオです。
ピアノは毎朝調律

完全禁煙

ソルフェージュレッスン充実



 

池袋教室:サウンドスタジオノア池袋 ルート案内

170-0013 東京都豊島区東池袋2-63-1

池袋駅 徒歩8
①池袋東口をでたら、明治通り沿いを左方向に進みます。
②しばらく進むと頭上に首都高が見えます。その下の「六ツ又陸橋」を渡ります。
③そこから左前方がスタジオです。

全室 WiFi完備

駐車場完備 車移動がメインの方にも安心

バンドスタジオ10部屋・ピアノスタジオ14部屋(スタンウェイ有)

 

音楽豆知識一覧