桐山 来久 ( きりやま らいく )

桐山 来久
小学生時代にプレイしていたゲーム「パラッパラッパー」の影響でHIPHOPが好きになり中学2年生のころに作曲(DTM)、DJ、ラップを始める。
高校時代では地元仙台にてイベントを主催し、DJ、トラックメイカー、ラッパーとして活動。自主制作アルバムをリリース。ラウンジではDJとして月に50時間ほどを毎月プレイする。
上京後、レコーディング・ミックス・音響の技術を学ぶ。 サンプリングを主体に作成していた今までのスタイルの他に、打ち込み主体の曲作りもはじめる。 
渋谷や新宿などのクラブでPAを経験。現在は自身のスタジオを構え、作詞作曲編曲、レコーディング、ミックスなど曲作りの全行程を自身で行い、数々のアーティストに楽曲提供している。
 

~講師より~

 
DTM
作曲と聞くと難しいようですが、作り方さえ分かれば誰でも簡単に作れます。
授業を通しハードルを下げ曲作りの楽しさを、お教えしたいと思います。
鍵盤を押したら音が出た、つまみをいじったら音が変わった、エフェクトをかけたらかっこ良くなった
そんな単純な感動が何よりの原動力です。
さらなるステップアップを望む方には、私がプロとして活動する中で身につけたノウハウと
「ノれる」ベース、ドラムを作るコツ、ソフトシンセサイザーの使い方、音作りなど出来ることの幅を増やします。
楽しむことが何よりの上達方法です。一緒にさらなるDTMの楽しさを見つけましょう。
 
DJ
DJブースから見る自分が盛り上げたフロアの景色は何より爽快です。
DJはフロアから見るとすごく敷居が高いですが、やってる事自体はすごく簡単です。
簡単故に奥が深いプレイヤーでもあります。
レコード、CD、PCと、様々機材が使われ私も全て使用してきました。
機材のくせや出来る事が異なりますが、どの機材においても使いこなすことが大切です。
まずは使い方を覚え、好きな曲をかけ、自分が観客となりましょう。
人前でプレイするにあたり大切なのは「空気を読む」「空気を作る」「空気を共有する」ことです。
自身が毎週見てきたフロアの景色を踏まえ、色々な視点でお教えしたいです。
 


 

音楽豆知識一覧

Menu