音程と音階

2015/10/15 [ソルフェージュ]

音程

ある音を規準にして、1オクターブ上まで特定の決まりの中で並べられた音をいう。

 

長音階 (長調・dur

例)ド・レ・ミ・フェ・ソ・ラ・シ・ド

ドからレ 「長2度」

レからミ 「長2度」

ミからファ「短2度」

ファからソ「長2度」

ソからラ 「長2度」

ラからシ 「長2度」

シからド 「短2度」

 

短音階 (短調・moll

 

例)ド・レ・ミ♭・ファ・ソ・ラ♭・シ♭・ド

ドからレ   「長2度」

レからミ  「短2度」

からファ 「長2度」

ファからソ  「長2度」

ソからラ  「短2度」

からシ 「長2度」

からド  「長2度」

 

①自然短音階

特徴として、長・短音階による作曲の場合、必ず導音(第7音)の必要があります。

長音階の第7音はそのまま、導音として意味を成すが、

短音階の第7音は次の主音までの度数が長2度なり、そのままでは導音としての意味をもたない。

そのため曲の中で、導音が必要になった際には、その都度、臨時記号によって第7音を半音あげて、導音として使うこととなる。

 

②和声短音階

自然短音階の第7音を臨時記号によって半音あげて、導音としたものをいう。

例)ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

 

③旋律短音階

自然短音階の第6・7音を臨時記号によって半音あげたものをいう。

例)ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

 旋律が音階を下行する際は、導音の必要がなくなる。












































 

プルメリア音楽教室

新宿渋谷池袋都立大三軒茶屋荻窪自由が丘高田馬場吉祥寺下北沢赤坂横浜秋葉原高円寺武蔵小杉中野代々木駒沢公園・センター南埼玉神奈川・千葉・その他200教室

 

初心者から音大受験まで。もちろんお子様、また大人の趣味として始められたい方にも、現役演奏家の講師陣が熱心に、丁寧にレッスンいたします。全てマンツーマンの充実した音楽の時間をお約束いたします。

ピアノ<クラシック・ポップス・ジャズ・弾き語り>

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス<クラシック・ポップス>

ボーカル<クラッシック声楽・ミュージカル・ボイストレーニング・ポップス>

クラリネットオーボエ

作曲・アレンジ法・編曲

ソルフェージュ<旋律聴音・和声聴音・楽典・和声学・新曲視唱>

ドラム<ロック・ポップス>

ギター<アコースティックギター・エレクトリックギター>

DJ

  
 

 

最新記事

音楽豆知識

Menu