【Memory】キャッツより~作曲:A.Lloyd.Webber-ボイストレーニングのプルメリア音楽教室ー

2019/12/08

音の遠近を利用するには?
~和声学と融合するマニアックなアイディア~

【Memory】キャッツより~
作曲:A.Lloyd.Webber

今回は「オペラ座の怪人」、「キャッツ」、「エビータ」など、数々の世界的ミュージカル音楽を手掛けたことで知られる作曲家アンドリュー・ロイド・ウェーバー(英/1948- )の巧みなコード使いについて分析をしてみよう。

劇団四季でもお馴染み「CATS」の中でもとりわけシングルカットされることが多い「メモリー」の中間部冒頭に現れる、

「Dm - Dm on E♭- Cm/E♭」というコード進行。

おそらく、多くの方がこのハーモニーの「浮遊感」に「おやっ」と思ったことがあるだろう。
しかし、そこから先を掘り下げてみた方は少ないはずである。

大半が旧来の和声・コード理論の知識で「倚和音(いわおん)」又は「オン・コード」(ハイブリッド)と判断して終わってしまっているのでは無かろうか?

いや、実に勿体ない。
これは音楽的にもっと深く追求してみる価値のあるコード進行だ。

機能和声で考えるとここは「B♭MajorからFMajor(またはDm)」、更に先まで見て「CMajor」へ転調しているとも取れるがどうもシックリ来ない。
こういうときに使うのが「モードの物差し」である。

グレゴリアン・モードで考えた場合は「B♭ Ion.(Major)」から、その平行調「(G Aeo.(Natural minor)のドミナント・マイナーである「Ⅴm(Dm)」へ飛んだとも解釈できるし、単に「Dフリギア」に突然、旋法が移動した様にも見える。

しかしこれは作曲家の頭の中を覗かないと分からない。
「単にそのコードが思い浮かんだ」というのが真実かもしれない。

それよりも「何が起きている」か「なぜスゴいのか」を捉えられる様にすることを優先しよう。

では、譜例(上段)を見てみよう。
ここの部分は明らかに単なる「長短調の世界」からは逸脱している。

基本的に「Dm」➡「Cm」という様な「隣接している同種和音の連続」は機能が不明確になる為に、「何調」で分析しようが度数を書いてそれで終わってしまうからである。
そこで例の「リディアン・クロマティック・ナンタラ」をも一緒に活用してみることにする。

このコンセプトは「リディアントニック」の存在が「核」であり、それ以外は「単なるコードジャンル」または「リディアントニックからの距離」のみで、旋律や和音を測る。
その為、コードがはっきりと分かるものはもちろん、単旋律や無調になろうとも分析は可能なのである。
調性感を感得する訓練は当然必要であるが・・・。

最初の関門は「リディアン・トニック」を探すこと。

基本的な三か四和音の「メジャー、マイナー、7th、m7(♭5)」であれば自動的に「リディアン・トニック」を割り出せる。(作曲者が意図的にずらしている場合を除き)

ここの動きだけを見ると

①Dm ➡ F Lyd.Mode Ⅰ
②次のは「おいしい」ので置いておく
③Cm/E♭➡ E♭Lyd.Mode Ⅵの3rd Bass(またはMode Ⅰ「E♭6(omit5)」)

と捉えることができる。
中身の構成音はどうなろうが「リディアン・トニック」は動かない。グラデーションの違いなのである。

つまり、ここでは大きく「Flyd.➡E♭lyd.」と「♭方向」へ2つTonality(調性)が動いたことを感得できれば良いのである。
「T-S-D(とSDM)」のみでは行き詰まるし、コード進行を暗記しても深い応用はできない。

さて、問題のサンドイッチの具、②の「Dm/E♭」とは何であろうか?

確かに「倚和音」的な役割をしているし、ハイブリッド・コードなのだが、もっと大切なのは「E♭lyd.」の中から選ばれた音が乗っかっているという様態である。
譜例(下段)を見てみよう。

アンドリュー・ウェーバーが選んだ音は「D,F,A(Dm)」という三音。

今回は「倚和音の役割と調性」を崩さずにリハーモナイズしてみる。
その為、古典和声的な縛りを課すことにした。

・メロディ「A」とベースの「E♭」は変えない。
・トップノートから「3rd」を構成している「F」も固定。

つまり、あと「1音」のみカラーを使えるとしたらどれを選ぶかを考えることになる。

少し見づらくて恐縮だが「円系図」の右にウェーバーが選んだ以外の三例を挙げてみた。
円系図に○を付けたのはトニックと「使用必須」&「ウェーバーが選んだ「D」。

これを元に残りの色でボイシングしたものを掲載した。
「一番左と真ん中」の譜例は解決先のコードと共通の「G」,「C」が有る。音楽的には使用可だが、和声進行としてはつまらない。

最後に残った「B♭」のみが倚音としての効果が得られる➡(a)の和音。
これが答えである。

ウェーバーの「D」は「トニックからの距離」では上を行っている。

ここでは円系図を単音で見てほしい。
「E♭」から見てみると「B♭」はお隣であるし、「ペンタトニック」を形成できるので親和性が高い。

「D」はスケールに「半音」を含む「ヘクサトニック」の領域に踏み込んでいるのでこちらの方が調性を保ったまま「刺激的なコード」になる。

この「綱渡り」の様な選択を恐らく「感性」でやってしまっているところがウェーバーの驚異的な才能なのである。

文責:彦坂

























































































































 

プルメリア音楽教室

新宿渋谷池袋都立大三軒茶屋荻窪自由が丘高田馬場吉祥寺下北沢赤坂横浜秋葉原高円寺武蔵小杉中野代々木駒沢公園・センター南埼玉神奈川・千葉・その他200教室

 

初心者から音大受験まで。もちろんお子様、また大人の趣味として始められたい方にも、現役演奏家の講師陣が熱心に、丁寧にレッスンいたします。全てマンツーマンの充実した音楽の時間をお約束いたします。

ピアノ<クラシック・ポップス・ジャズ・弾き語り>

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス<クラシック・ポップス>

ボーカル<クラッシック声楽・ミュージカル・ボイストレーニング・ポップス>

クラリネットオーボエ

作曲・アレンジ法・編曲

ソルフェージュ<旋律聴音・和声聴音・楽典・和声学・新曲視唱>

ドラム<ロック・ポップス>

ギター<アコースティックギター・エレクトリックギター>

DJ

  
 
 

音楽豆知識一覧

Menu

おすすめコース

 

東京、新宿、池袋、渋谷で自分に合った音楽教室に通おう!!

世の中には、数え切れないくらい音楽教室があり、どれを選んだら良いか迷いますよね。東京、新宿、池袋、渋谷で音楽教室をお探しなら、豊富なレッスン内容を行っているPlumeria MusicSchoolなら、自分の希望するレッスンがきっと見つかるはずです。ここでは、Plumeria MusicSchoolで行っているレッスン内容を抜粋し、魅力をお伝えます。

幼児期に音楽教室が習い事で人気の理由について

幼児期に音楽教室が習い事で人気の理由は、脳の活性化に繋がるからです。就学以前の教育では脳の発育がとても大事にされています。幼少の脳教育では、バランス良く右脳・左脳も鍛えてあげる事が重要なポイントです。右脳と左脳は、それぞれ得意分野が異なりますが、一方だけを鍛えても考え方の応用力が欠如いてしまい、偏った思考になりがちになってしまうのです。なので、バランス良く幼児期に脳を鍛える事が重要で、それには聴覚が最適と言われています。幼少期に聞く力が発達している子は、脳が順調に成長する傾向にあると言われており、聞く力を支える担う脳は左右にあるのです。なので、注意して聴く行為が、実は子供の脳を育み、自ずと右脳・左脳の両方の成長に繋がると言われています。

大人が音楽教室へ通う魅力について

昨今、大人の音楽教室がブームになっています。その理由は、子供の頃にピアノやバイオリンなど、音楽を習った経験がある方、習ってみたいと思いつつきっかけが無かった方などが、大人になって音楽を習い始めているからです。大人と言っても、年齢別に見ると30代~40代を中心にブームとなっていますが上は80歳の年配者までと、幅広い年齢層の方が音楽教室に現代では通っています。そして、6割以上が大人になってから初レッスンと言う方ばかりです。時間的な余裕と言うより、金銭的・経済的な余裕が高齢になってでき、自分の楽しみを持った方が増えた事が理由です。家と会社の往復でなく、仕事以外の楽しみや趣味を持つ事で、より自分の人生を豊かにしていく事で、日常生活の過ごし方も変わってくるものです。さらに、昔までは決まった曜日・時間のレッスンでしたが、もっと自由なスタイルの音楽教室が増えています。

ギターレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でギターレッスンを習うメリット

独学では学べない知識や技術の習得

ギターレッスンは、生徒のレベルによって内容は違ってきます。例えば、初心者ならばギターの持ち方やチューニング方法から教わり、ストローク、運指、TAB譜の読み方などを理解していきます。一見、自分でもこなす事ができそうな内容と思うかも知れませんが、ギターの最初の難関でもあります。自分の弱点を指摘してくれたり、教材や動画があったりすれば良いかも知れませんが、残念ながらそのような便利アイテムはありません。

自分の弱点を無視してギター曲に取り組んでも、いつまで経ってもスキル上達できず、挫折してしまう事にも繋がります。ですが、Plumeria Music Schoolでは、あなたの弱点に一番に気付き、コツや対処法などを指導していきます。

また、ギター中級以上の方であれば、今より一層効率的な弾き方や音の作り方など、テクニックを教わる事もできるので、自分が奏でるギターの音色にプラスαの演奏技術を加えていく事ができます。Plumeria Music Schoolの生徒の中には、現役で音楽活動をしている方もおり、プロとして知識や技術を磨いていける事も大きなメリットです。

大人からでも上達する事ができる

音楽教室と聞くと、子供が通うイメージが強いかもしれませんが、実は、決してそんな事はありません。初心者でも経験者でも、子供から大人まで幅広い年齢層の方がギターを習っています。個人レッスンなので、落ち着いた環境でギターレッスンに励む事ができます。また、ギターレッスンでは、ギターの基礎から学ぶ事ができるので、年齢は関係無くしっかりスキル上達できます。さらに、マンツーマンレッスンであれば、自分の今のギタースキルに合わせ、講師がレッスンします。なので、演奏スキルの上達スピードは一層早くなます。自分の自由時間をギターレッスンに充て、ギター演奏の一歩を踏み出す事ができます。

間違いを直ぐ修正できる為上達が早い

ギターレッスンでは、講師が自分のギタースキルを見て、その場で間違いをしっかり指摘します。なので、変な演奏の癖がついたり、間違ったまま覚えてしまったり、このようなリスクを無くす事ができます。ギターの知識や技術を間違ったまま覚える事は、どこかで必ず躓く原因になります。なので、直ぐに間違った箇所を修正できる事は、スキルを磨いていく上では大きなメリットです。また、演奏中に自分の間違いに気付く事も難しい事です。しかし、しっかり指摘してくれる人がいる中でレッスンを積む事で、自分の間違いや弱点にちゃんと気付く耳を持つ事ができます。このように、ギターレッスンは、独学よりも上達スピードが何倍も早くなります。

ボーカルレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でボイトレッスンを習うメリット

初心者でも確実にスキル上達できる

ボイスレッスンでは、音楽のプロである講師が指導します。なので、歌う事に関しての正しい知識を身に付ける事ができます。レッスン中には、講師が生徒のお手本として歌ってくれる事もあり、正しい発声・音程・リズムなどを理解する事ができます。なので、自分が分からない部分をその場でしっかり質問する事できるのもメリットです。

また、生徒のレベルに合わせた指導を行うので、呼吸法や発声法など丁寧に教えていきます。基礎がなければ歌唱力はアップしないので、基礎を磨きレッスンが行われています。上達していく事で、歌唱力や表現力も磨いていくレッスンになっていきます。音楽経験のある講師なので、教則本では得られないテクニックを習得する事もできます。ボイスレッスンでは、初心者が確実にスキルアップでき、上達スピードもが早くなります。

プロを目指す事ができる

例えば、歌う事に自信のある方でも、ボイスレッスンに通うメリットは沢山あります。将来、プロ歌手になりたい場合、今から歌う基礎を身に付けておく事で、自分の歌に磨きをかけていく事ができます。また、オーディション用の歌の練習など、本格的なレッスンで技術を学ぶ事ができます。

自分と志が同じな音楽仲間ができる

ボイスレッスンに通う事で、歌が上手くなる事はもちろん、音楽を通して知り合いや友人が増える事もメリットです。自分に新たな出会いができるので、同じスクール内でバンドを結成するケースもあります。また、音楽イベントも開催されるので、発表会、ライブ、親睦会などで、仲間と親交を深める事もできます。

ピアノレッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷でピアノを習うメリット

両手で弾く事で脳の活性化に繋がる

ピアノを弾く時には、目で楽譜を追い、リズムと音程を把握しますよね。左手は伴奏を、右手ではメロディーを奏でます。また、曲想記号を見て音に強弱を付けた弾き方をしたり、ペダルで音を響かせたり、色々な技術を演奏中には取り入れています。ピアノはこれらの動きを同時に行いながら、一つの曲を演奏していますね。この時、脳は視覚から情報を取り入れ、読み取った情報をアウトプットするよう指令を出しています。これを続ける事によって、実は、脳の活性化が期待できるのです。

もちろん、ピアノ初心者で一度にこのレベルまではできませんが、楽譜を目で追う、音階を声に出して読む、リズムを叩くなどを行う事で、脳の活性化が促されます。例えば、右手のみ鍵盤で弾く、慣れてきたら両手弾くなど、にステップを踏んで形付ける事で、指も柔軟に動くようになっていきます。ピアノの鍵盤と言うのは、ある程度の重みがありますよね。なので、鍵盤を叩くだけでも指先の運動になっており、脳の活性化を促す事に繋がっています。

ピアノの音色でリラックス効果

ピアノの音色と言うのは、柔らかくて音程が正しく調律された音です。なので、音を聴くだけでも綺麗や可愛いなど、音に対する雰囲気を感じ取る事ができますよね。プロのピアノ奏を聞くと、キラキラした音、重い感じ、調和的など、メロディーから音楽の雰囲気や曲の背景を想像する事ができます。このように、曲の雰囲気を想像したり、曲の背景を感じ取ろうしたりとする、気持ちが穏やかになってリラックスする事ができます。有名な音楽家であるモーツァルトやシベリウスの曲は、リラックスできる曲とし様々なシーンで紹介されていますよね。

達成感を味わう事でポジティブ思考になる

ピアノレッスンでは、例えどんなに簡単な曲であっても、目標を達成すれば講師が楽譜に大きな花マルを付けてくれますよね。自分でもピアノ曲が弾けた達成感が得られる事で、次の曲への演奏意欲にも繋がります。なので、難しい曲でもモチベーション上がって、ピアノを弾く時間を楽しく感じるようになるものです。もちろん、スランプに陥ったり、苦手な奏法の壁を感じたりする事もありますが、達成感は自分の中にポジティブ思考を生み出してくれます。このように、ポジティブ思考はピアノだけでなく、色々な生活面においても乗り切る力となります。また、ピアノ演奏は自分の特技や自信にも繋がります。ネガティブな一面を打開するきっかけになる事もあります。直ぐに思考が切り替わると言う事ではありませんが、ピアノを続ける事やレッスンを重ねていく事で、徐々にポジティブに気持ちが変わっていきます。

ミュージカル歌唱レッスンについて

東京、新宿、池袋、渋谷ミュージカル歌唱を習うメリット

歌唱力を磨くことができる

ミュージカル歌唱レッスンを習う事で、歌唱力がアップさせる事ができます。ミュージカル歌唱なので、ポップスやロックなどの歌唱力ではなく、全ての基礎となる呼吸法や発声法をはじめ、肉声で空間に響かす歌唱力を身に付けていく事ができます。しかし、いくらミュージカル歌唱レッスンを習っていても、自己練習を怠ってしまえば、当然、歌唱力のスキルは伸びないので継続して行う事で、自分のスキルとして、技術を歌唱の際にも活かす事ができます。

言葉の発音スキルを磨く事ができる

ミュージカル歌唱の歌には歌詞が付いていますよね。言葉の発音や言霊を大切にして歌うのがミュージカル歌唱です。さらに、肉声でもって、言葉をメロディーに乗せ、聴き手に届ける事になります。なので、安定した呼吸に支えられた言葉の発音が大切になってきます。いい加減な発音や不安定な発音では、聴き手に届かない歌唱になってしまいます。このように、ミュージカル歌唱では、言葉の発音にも気を遣いながら歌を歌う事を習う為、自分の発音スキルも磨く事ができます。

正しいトレーニング方法を指導してもらえる

ミュージカル歌唱レッスンに通う事で、プロから正しく指導してもらえます。確かに、インターネットや教本にも、歌唱のトレーニング方法は載っていますが、正しく実践できているかどうかは別問題です。歌う為の姿勢が間違っていたり、喉に負担をかけてしまっていたり、自分では気付く事のできない事は沢山あります。しかし、ミュージカル歌唱レッスンであれば、正しいトレーニング方法をしっかり教えてくれるので、着実にスキルをアップしていく事ができます。

モチベーション維持に繋がる

定期的にミュージカル歌唱レッスンに通う事で、モチベーション維持にも繋がります。例えば、自分で「毎日歌唱レーニングするぞ」と意気込んでも、怠ってしまう事はありませんか?その点、レッスンに通えば、自分の課題も明確になるので向上心にも繋がり、上達しようと思う気持ちも高まります。定期的にプロのサポートを受けながら練習する事で、しっかり自分と向き合い、スキルを磨いていく事ができますよね。

まとめ

ここでは、東京、新宿、池袋、渋谷で、ギター、ボーカルレッスン、ピアノ、ミュージカルのレッスンへ通う魅力をお届けしてきましたが、いかがでしたか?レッスンに行くべきか悩んでいるようであれば、体験レッスンや見学に来て、実際に見てみる事もできます。Plumeria Music Schoolは、東京、新宿、池袋、渋谷エリアにスクールがあり、幅広いニーズの方が様々な音楽を楽しく真剣に学ぶ事ができる音楽教室です。是非、気になる音楽ジャンルがある際には、Plumeria Music Schoolで音楽を始めてみませんか?